【アダルトVRの現在と今後の可能性】なないちゃんとあそぼ!(1)

2016年はVR元年。トイズマガジン編集部は「アダルトVR」に関わるさまざまなメーカーへの総力取材を敢行しています。読者の皆さんにも、今後アダルト業界を席巻していくであろう「アダルトVR」の世界をより深く知っていただきたいと思います。

8月に行われたアダルトVRエキスポでは、さまざまなクリエイターたちがVRソフトを発表していました。その中でも最も注目を浴びたのは、3DVRアダルトゲーム「なないちゃんとあそぼ!」ではないでしょうか。「なないちゃんとあそぼ!」は、両手が自由に使える新感覚のVRゲーム。エアードールを使ったハイクオリティな疑似セックスが可能とあって、ブースに行列を為すほどの大盛況に。2016年の夏コミでついにリリースを開始した「なないちゃんとあそぼ!」。これを制作しているVRJCCの代表であり、サウンドクリエイターのJCC会長、そしてプログラマーのROBAさんに、話を伺ってきました。

――まず「なないちゃんとあそぼ!」がどんなゲームなのか説明してもらえますか?

VRJCC代表・JCC会長(以下、JCC会長):HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着すると、画面の中の美少女・なないちゃんと、さまざまな体位で疑似セックスを楽しめるゲームソフトです。コントローラーを持たずに遊べることが特長です。今のところ、「Oculus Rift」「HTC Vive」の2機種に対応しています。

プログラマー・ROBAさん(以下、ROBA):エアドールのなないちゃんにスマホを取り付けると、利用ユーザーがHMDを通して見ているなないちゃんと動きが連動します。これには、スマホのジャイロセンサーを使用してます。これまでのVRゲームにないほどの没入感を感じることができると、評価してもらってます。

JCC会長:イベントではエアドールを使ってましたが、オナホールに取り付けてもOKなんですけどね。そこは臨機応変に楽しめるようになってます。

――では、「なないちゃんとあそぼ!」が企画・開発された経緯をお聞きしたいと思います。このゲームはどの様なきっかけで作られたのでしょうか?

JCC会長:もともと「VRJCC」の「JCC」って言うのは、海水浴をやったりパーティーをやったり、まあそういうお遊びサークルみたいなものでだったんですよ。クラブイベントも頻繁に開催していたんですが、そこのVJとして来てもらってたのがROBAさんなんです。2年くらい前から、ROBAさんはイベントにスマホをくっつけると見れるVRゴーグルを持ち込んで、若い人たちにエロ系の映像を見せて遊ばせてたんですよ。

――クラブイベントにVRゴーグルを! 2年前ってまだ、VRが今ほど話題になってませんでしたよね?

JCC会長:そうですね。でも僕はもともとAVも見ない、二次元にも興味がない人間なので、そうやって遊んでるROBAさんをただ眺めてるだけだった。それがある日、2人でスイーツ(笑)食べてた時に、たまたま見せられたのが初音●クっぽい女の子が、こっちに騎乗位で乗っかってくる映像で、これは興奮するな! と開眼しました。ふだん、こういうのに興味がない僕ですらクルんだから好きな人には堪らないんじゃないかな、と。

ROBA:それで「これ、僕たちも作ろう!」って提案されて……。ほんと、この人とスイーツを食べると、何かスゴイことをさせられるハメになるんですよね……今までのイベントでもそうでした。

――(笑)。でも「作ろう!」と思い立ったところで、できるできないは別問題ですよね。その辺はどうやってクリアしたんですか?

JCC会長:ROBAさんはプログラマーだし、僕は仕事で音楽を作ってるんですよ。自宅にスタジオを持ってるし、主題歌作ったり声優さん呼んだりできたので「やってみようか」って。ROBAさんは、VR初期のころから色々な機器を買うくらいVRに注目してて。でも、周りは面白がってはくれるけど具体的に何かを提案してくる奴はいなかった。その中で、一番食いついたのが僕だったわけですよ。

――ここまで話題になることは想像してましたか?

JCC会長:うーん。でも、ほんとこれは狙っていったわけじゃないんですよ。それこそアダルトVRエキスポに出展するクリエイターってたくさんいますけど、やっぱりみんな自分の好きなもの……かなりニッチな方面に偏りがちなんですよね。その中で、たまたまうちが作ってるものが王道に近かっただけかもしれませんね

ROBA:あとはもう、これ(エアードール)のインパクトでしょ。だってこれ、笑えるじゃないですか。


【C90 日曜西e-08a】なないちゃんとあそぼ!PV from VRJCC on Vimeo

――確かに(笑)。アダルトVRエキスポで、これを求めて並ぶ行列とか、すごいシュールだった気がします。あのエアードールのインパクトは半端じゃなかったですね。

ROBA:これは真面目な話。このVRゴーグルって大した数売れてないじゃないですか。その購買層だけにターゲットを絞ったら確実に大赤字なんですよ。だからこそ、一般のPCユーザーでも食いつくようにスマホ連動にしたらどうかと。最初はポケットにスマホを入れて腰振ると連動するようにできないかなって考えてました。

――なるほど! 最初は人間側に引っ付ける形を考えていたんですね。

ROBA:そしたら、それこそまたスイーツ会とかで「ラブドールにくっ付けられない?」って話が出て、エアドールを採用したり。「体位とか変えたりできない?」とか話してるうちに、動きを作り始めたり。そのうちこれ面白い! ってどんどん話広がって。途中から「あれ? 俺、VRの歴史の教科書に載るんじゃね?」くらいには思い始めた(笑)。

――(笑)。いや、あながちそれ無くはないですよ。

ROBA:よく冗談で言ってますけど、アダルトVR界のアルタミラ遺跡の壁画みたいな存在にはなれんじゃないかな(笑)。

JCC会長:……まあ、最悪、お金になんなくても、それにはなりたい(笑)。

ROBA:世界で最初にこのバカげたシステムを作ったっていうのは間違いないですからね!

――では、そのバカげたシステム(笑)、私も体感させてもらってもいいでしょうか? もちろんハメられはしませんが(笑)。

JCC会長:ええ、ぜひぜひどうぞ!

次回は「なないちゃんとあそぼ!」を実際に体験させてもらっちゃいましたレポートをお送りします!
(取材・文=もちづき千代子)

【アダルトVRの現在と今後の可能性】なないちゃんとあそぼ!(1)
VRJCC

Oculus Rift/HTC viveに対応したアダルトVRゲームを制作。
「なないちゃんとあそぼ!」は、2016年6月に行われた「アダルトVRフェスタ01」で展示され話題に。2016年秋にはダウンロード販売も開始予定。