【ドール廃の世界】ドールの体温
9月に入り毎週のように台風が近づいているが、一雨ごとに涼しくなっているのを感じる今日この頃。先月には「COOL TENGA」のPOPが張られていたアダルトショップ店頭も「HOT TENGA」のPOPに模様替えされている。人肌恋しくなる秋、冬が一歩一歩近づいてきた。

【ドール廃の世界】ドールの体温
そこで今回はドールに体温を持たせる企画だ。世の中には便利な物があり、サンコーの「USBあったかエア抱き枕」という抱き枕に体温を持たせられるグッズがある。これをドールに移植すればドールの体温で暖かい冬を迎えられるのではないか? と昨年やってみたところなかなか良好だったので今日はこのレポートをお送りする。

実はこの製品、抱き枕本体部分はビニールで出来ていて発熱部のマットは取り外し式になっている。これからの時期、各社から発売されているUSBブランケットなどを流用すればもっと安く済むかもしれないが、内蔵ヒーターが35~36℃と体温に近いことがウリなことと、枕がドールに変わっても使用目的が変わらず安全かと思いこの製品を使用することにした。

【ドール廃の世界】ドールの体温
ヒータ部の大きさはこれ位。胸部を覆える位の大きさだ。

【ドール廃の世界】ドールの体温
これをこの様にドールの胸部に入れてパジャマを着せる。

【ドール廃の世界】ドールの体温
電源を接続たら布団を掛けて30分程度待つ!

【ドール廃の世界】ドールの体温
温度を計測してみたところ41℃を指していた。まだ外気温が20度を超えているのでこの様な結果になったと考えられるが、昨年の冬季には35℃前後となった。いずれにせよ布団の中はほんわり暖かく、人肌を感じることが出来る。

寝る30分前に電源を入れ、ドールを先に寝かしておくと抱きしめた時に暖かさが伝わっていい感じだ。私はスマホの充電用アダプターで電源を取っているが、火傷や火災が怖いので寝る前には必ずコードを抜いている。それでも暫くは暖かいので満足しているが、もう少し通電させておきたいならタイマーなどを使用すると良いだろう。

この製品は抱き枕、ドールだけでなくタマトイズのインサートエアピロー等にも使えそう。色々夢が広がって今年の冬の寒さは怖さそうだ……。
注:この企画は発熱体を扱うので取り扱いには細心の注意を払って自己責任でお願い致します。万一事故等が発生してもトイズマガジン、筆者の妹尾は一切の責任を負いません。安全な範囲で「体温」を楽しんでください。

妹尾好雄
Twitter:@air_tan

21世紀の幕開けと共にドールの世界へ! 今年で15周年(笑)
ドール廃の世界に片足を突っ込みながら日々「うちのこかわいい」とドール写真を撮影する毎日の人。