【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(2)
アダルトグッズユーザーであってもアダルトショップと縁遠い人は意外と多いもの。「実は興味津々……でも、なかなか踏み込めない……」そんなアナタも、つい足を運びたくなっちゃうショップ紹介【GO! GO! アダルトショップ】。スタッフのこだわりとグッズ愛で溢れる店内を、ライター・もちづき千代子がアテンドしちゃいます!

ただいま、大阪・日本橋に6階建てのビルをかまえる信長書店 日本橋店より、店長の堀池さんから、とてつもなく広い4階のアダルトグッズフロアを案内してもらっております!

【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(2)

――んん? ずいぶんと入り組んだところにありますね、話題の「TENGA」コーナー。けっこう、なんていうか判りにくい場所のような……。

信長書店 日本橋店 店長・堀池氏(以下、堀池):ああ、だって売れちゃうんですもん。どこに置いていようと「TENGA」は売れるんです。それが分かってるから、敢えて判りにくい場所に置くんです。

――もう「TENGA」は目立たせる必要性はない、と? 

堀池:そうですね。何しろ、この日本橋店って立地的に海外のお客様が多いもんで。そういう方々がうちで何を買っていくかっていうと、圧倒的に「TENGA」なんですよね。これでもかってくらいお土産に買っていく。こんなに入り組んだ場所に置いてても、探し出して買ってく。それなら、他の商品も見てくれるきっかけにしたくて。

――まあ、理にかなった話ではありますよね。それにしても「TENGA」の知名度はものすごいですね。他店ではインショップも開かれてますし……。

堀池:まあ、そこはもう他店さんにお任せします(笑)。うちは、さらに幅広いメーカーでの品揃えを目指します。

【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(2)

――この大型オナホールの多さも、売り場の広さが関係してるんでしょうね。1~3kg級なんて当たり前。5kg以上の超大型もゴロゴロ置いてありますね!

堀池:ぶっちゃけ、そんなにしょっちゅう売れるものでもないんですけどね。でも、他では置いておけないようなサイズの商品を常備できるのも、うちならではだと思うので。別のフロアには、金のスケベ椅子とか業務用のローションなんかもあるんで、風俗店もお得意さんですよ。

――確かに「あっ! あれ無かった!」って気づいた時にサッと買えるのは、ものすごく有り難いです! 昔、撮影現場でもしょっちゅうローション切らしてたもんなぁ……近くに信長書店があったらなぁ……。

堀池:そういう時に「信長書店があるじゃない!」って感じで頼りにされると嬉しいですね。できれば「あそこなら絶対にあるから!」「こういう時は信長書店じゃないと」くらいの存在になりたいです。

――困った時の信長頼み(笑)。信長書店って、お客様にとっていい意味で”都合がいい店”なのかもしれませんね。

堀池:そんな”都合がいい女”みたいに(笑)。でも、それでいいと思います。

【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(2)

――そして、おお……っ! この棚の商品は、ネットより安い金額で販売してるんですね!? こんな特価コーナーもまであるなんて……。

堀池:時折、こういう風に一部の商品を爆安で出すことがあるんです。まあ、お客さんへのサービスの一環ですね。

――ここまで見させてもらって気づいちゃったことが一個あるんですけど……。信長書店って、もしかしてわりとリーズナブルだったり?

堀池:あっ、気づいちゃいました?(笑) そうなんですよ。うちは他店に合わせた値段設定でご提供してますね。

――さすが! 品揃えだけじゃない、信長書店!

【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(2)

――4階フロアを一通り回ったところで5階へと移動……の前に、発見しちゃいましたよ! 5階へと続く階段の手前にガチャガチャがある!!

堀池:あ、これはリグレジャパンから発売している「淫語バッジ」「凌辱バッジ」のガチャガチャです。値段も手ごろですし、シャレで回してくお客様も多いんですよ。どうですか? おひとつ。

――うーん……どこに着ければいいか困ることは確実ですけど、せっかくですからお土産に……えいっ!!

【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(2)

――……「雌豚」って。こんなにピッタリな凌辱語を引き当てる私の”もってる”感が憎い……。

堀池:いや、でもいいと思いますよ!(汗) ほら「チンカス」とか当たったらもう、どうしたらいいのか分からなくないですか? ねえ?(汗)

――……いいんです。しょせん私なんてメス豚……ブツブツ。

堀池:気を取り直して5階に行きましょう! ねっ!!

【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(2)

店長に気を使わせつつ、5階フロアへの階段を上っていきます。すると、なぞのボックスがポツンと置かれておりました。ん? この箱はいったい……。

堀池:ああ、これは「グッズ廃棄BOX」ですよ。「壊れたグッズが捨てづらい」「捨てるにも周囲の目が気になる」っていうお客様の声がけっこう多くて。週に2回は回収しないとパンパンになるくらい、皆さん持ってくるんですよね(笑)。

――おお、確かにこのシステムすごく有り難い! バイブやローターなんて、何のゴミの日に捨てたらいいのか判別しづらいし! 画期的ですね!!

堀池:目指すは「地球に優しい信長書店」(笑)。グッズの後始末にお困りの皆さんは、ぜひ信長書店にお任せください! 買い物のついでに、そっと箱に入れておいてくれればOKです!!

まだまだ続く信長書店 日本橋店ツアー。次回、ついに5階フロアへ!
(取材・文・写真=もちづき千代子)

118

住所:大阪府大阪市浪速区日本橋4-10-5 マトウビル
電話:06-6647-6441
営業時間:年中無休(平日11:00~23:00、土・日・祝日 10:30~23:00)