【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(3)

アダルトグッズユーザーであってもアダルトショップと縁遠い人は意外と多いもの。「実は興味津々……でも、なかなか踏み込めない……」そんなアナタも、つい足を運びたくなっちゃうショップ紹介【GO! GO! アダルトショップ】。スタッフのこだわりとグッズ愛で溢れる店内を、ライター・もちづき千代子がアテンドしちゃいます!

ただいま、信長書店 日本橋店 4階フロアを店長の堀池さんとともに周り終えたところ。ただいま、ついに5階フロアへと足を踏み入れる直前なのですが……。

【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(3)

――うわぁ~! 「アダルトおみくじ」なんてあるんですか!? ご丁寧に鳥居まで作っちゃって……なんだか本格的!

信長書店 日本橋店 店長・堀池氏(以下、堀池):まあ、あくまでもシャレですけどね(笑)。みなさん律儀に結んでいってくれるんですよ。カップルで来店される方も多いので、こういう遊びの部分があれば楽しいかなと思って設置しました。

――隣にあるパンストガチャもけっこう気になるところです……。しかし、4階のバッジのガチャガチャといい、信長書店はこういう細かいネタがお好きなようですね。

堀池:深い意味はそんなにないんです。でも、単にオナホやグッズを見に来るだけよりも面白いでしょ? ついついこういうものに手を出してしまう人間の心理(笑)。

――ええ、絶妙なラインを突かれますね。私も手を出しましたしね。(雌豚バッジ取得済)

【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(3)

――おや? おみくじの反対側にコルクボードが。何々……あ。これって、よくスーパーなんかにあるお客様からのご意見板ってやつですか!?

堀池:そうです。お客様からいただいたご意見に、毎回スタッフが返事を書いてるんですよ。アダルトショップって、販売業のわりにスタッフとお客様の距離感がどうしても縮まらないんですよね。まあ、扱ってるモノがモノなので仕方ないんですけど……。だから、投書でもなんでもでもお客様からリアクションがあると嬉しいんです。

――なるほど……。ちょっとどんなことが書いてあるのか見てもいいですか?

【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(3)
【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(3)
【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(3)

――……これ、ご意見っていうか、報告、夢、絵画じゃないですか。しかもスタッフは、ちゃんとノリに合わせて答えてるじゃないですか。

堀池:いいんですよ、これで。何でもアリってことで。少しでもお客様とコミュニケーションがとれたら、店としては満足です。……まあ、もう少し真面目なご意見や感想を聞かせてもらえると本音は嬉しいです。

【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(3)

――さて、続いてやってきたのはエレベーター前に設置されたこのコーナー。コスプレ系DVD、縄、タロットカード……? あまり他の店ではお見掛けしないような商品ばかりですが……。

堀池:ここは、いま注目されているアダルト系クリエイター様たちの作品を販売するスペースなんです。信長書店は、毎回のように東京のフェチフェスに出展しているのですが、そこで知り合った方々が多いですね。ここの商品は、流通に乗っているものではないので、直接交渉して仕入れてるんですよ。

――確かに東京のフェチフェス、信長書店の皆さんをよくお見掛けしています。今後も出展される予定はあるんですか?

堀池:そうですね。よく「大阪からわざわざ!?」なんて言われることがあるんですが。こうした有能なクリエイター様の作る面白い作品を出会えるのが理由の一つなんですよ。他の店にはない、オリジナルの品揃えに繋がるんで。実際、このコーナー評判いいですし。

――なるほど~。確かに、それは大きなメリットですよね。ちなみに、このクリエイター作品群の中で、今もっとも売れている商品はどれなんでしょう?

堀池:あ、それならもう既にレジで独立したコーナーを作って置いてますよ。

【GO! GO! アダルトショップ】信長書店 日本橋店(3)
――あっ! 「緊縛ストラップ」だあ! 私、このストラップ持ってるんです! 可愛いですよね。

堀池:いやぁ、これは売れてますね。ひとつひとつが手作りなんで、そんなに大量の入荷はできないんですが、気が付くと品切れ状態になってます。

――だってこれ、東京でもそんなに手に入りやすいものじゃないんですよ。実店舗で置いてるところは少ないし、通販は常に品切れだし……。

堀池:そういう話を聞くと、フェチフェス出ておいて本当に良かった~(笑)。東京でも買えないのに、日本橋では買えるとか、よっしゃ! って思っちゃいますね。全国的に知名度を挙げるためっていうのが一番の理由でしたけど、こういうクリエイターたちとの出会いは思わぬ副産物ですよ。

――私はハシビロコウとウサギと大根を持ってるんですが、ここではどのストラップが人気ですか?

堀池:ダントツでメイドですね……。しかも、この変形縛りのやつ。

――……何故かわかんないけど、日本橋の変態性を感じる……!!

次回は、ついに最終回。さらに5階フロアを探索しつつ、信長書店 日本橋店のコダワリについて深く追及していきます!
(取材・文・写真=もちづき千代子)

118

住所:大阪府大阪市浪速区日本橋4-10-5 マトウビル
電話:06-6647-6441
営業時間:年中無休(平日11:00~23:00、土・日・祝日 10:30~23:00)