こんにちは。ウタマーロです。
急に秋が深まってきましたね。
爽やかを通り越して、一気に晩秋に切り替わってしまったようです。
寒くなると恋しくなるのが、おでん、温水便座、そして人肌。
ふとんの中でぬくぬく戯れるのは極上の時間と言えましょう。
それがパートナーではなくプロの嬢だとしても、肌と肌をくっつけて横たわれば、なんともいえない幸せ感に包まれるはずです。
さっさとシャワーを浴びているそこのあなた。たまにはピロートークがてら、そんな時間を楽しんでみてはいかがでしょう。

窓の月 -まどのつき-

【SKT(性交体位)48】窓の月 -まどのつき-

ガツガツと貪るようなセックスではなく、しっぽり楽しみたいときにおすすめの体位です。
横になった女性の後ろから、男性が脚の間に割って入るような形で挿入します。
その名の通り、まるでふたりで月を眺めているかのような体勢です。
男性が背後に密着する形になるので、女性はお尻と背中に男性の肌を感じ、満たされた気持ちになることでしょう。
男性は両手がフリーになるため、挿入しながら愛撫すればさらに興奮も高まります。
挿入が浅くなるため、抜けないよう注意が必要ですが、その挿入の浅さが、男女ともに気持ちいいのにもどかしく、じらしながら長く楽しめる体位です。
※望まない妊娠や性病を予防するため、コンドームを装着しましょう。

p_utamaro
ウタマーロ

都会の片隅のOL兼サブカル系ライター。
昔の大衆文化や風俗が好き。特に昭和前半の風俗や大衆誌、エロ小説等をこよなく愛する。