アダルトビデオを創り出すクリエイターたちが作品の中で扱う”アダルトグッズ”。そこには一体どんなこだわりがあるのか? どんなグッズを必要としているのか? 今まで聞けそうで聞けなかった、AV関係者たちの大人のオモチャにまつわるエトセトラ。彼らが考える「至高のアダルトグッズ」をこのインタビュー内で徹底追及します。

【AV関係者がオススメする至高の一品】AV監督・カンパニー松尾(4)

カンパニー松尾さんのついに最終回。カンパニー松尾監督が唯一こだわる「アダルトグッズ」とはいったい何なのか? ついに「至高の一品」についてを語ってくれます!

――松尾監督は近年需要が広がりつつあるアダルトグッズ業界をどう見ていらっしゃいますか?

カンパニー松尾(以下、松尾):あれだけたくさんの種類が出てくるところは、すごく日本的でいいと思うんですよね。エロに関して工夫する才能、情熱っていうのは、日本人ならではですよね。ラブホテルなんかが良い例で。

――連れ込み旅館から始まり(笑)。海外の人も最近はよく泊まってますよね。ビジネスホテルよりもいいって。

松尾:カラオケもあって、風呂もベッドも広くて、最高のワンダーランドですよね。まあ、僕は個人的にはあの閉塞感が苦手なんですけどね(笑)。撮影ではよく使うんですけど。

――お風呂で遊んだりはしないんですか? 泡風呂とかでキャッキャウフフ的な。

松尾:ないですね~……。純粋にセックス以外ではラブホ使ってないですね。そう考えると、僕ってあんまりエロそのものに執着がないのかもしれないなあ。単純に女の子そのものを撮りたいがゆえに、徹底的にそれ以外のことを排除してる部分があって。だから、他の男優は使わないし、スタッフも入れない。

――良い意味でシンプルですよね。その女性との「ハメ撮り」に必要か否かっていう。

松尾:だから、アダルトグッズっていうものが大きく登場しないんですよ。あくまで僕個人の性癖というか、世界観ですね。エロに対する考え方についてのね。

――その一貫性が、一人の女性を深く掘り下げられる所以なわけですよね。

松尾:そうかもしれませんね。まあ、でもその中で唯一……グッズって言っていいのかどうか分かりませんけど、こだわっているものはありますよ。

――なんと! ぜひお聞かせ願えますか!?

松尾:僕、Tバックだけは好きなんですよ。撮影では、そこまでリアルにこだわるなら女の子の衣装は自前だろってとこなんですけど、絶対に僕が用意します。そこだけなんですよね、許さないのは(笑)。リアルでシンプルで、ありのままでなんて言いながら、唯一女の下着だけは替えさせてるっていう。

――Tバック……ランジェリー。なるほど、確かにこれもグッズの一部です!

松尾:グッズですよね!(笑) そこには圧倒的に、とてつもなくこだわってますからね! 僕の作品での衣装は、必ずTバックとストッキングとミニスカート! これだけは譲れないんですよ。

――ちなみに、Tバックはどこで購入されてるんですか?

松尾:新宿のオカダヤが多いですね。あそこはスタンダードなものがいっぱいありますから。派手目なものは通販が多いです。小さいビキニなんかも、通販で買いますね。あと、アイテムによってはオリジナルで作っている店で買います。レオタードなんかはそういうところで探しますね。普通には売ってないじゃないですが、超ハイレグのレオタードって。本物のレースクイーン衣装のレプリカなんかも買いましたよ。

――ランジェリー、コスプレ含めて衣装には、並々ならぬこだわりがあるんですね。もしかしてプライベートでも女性にはTバック履かせたり……?

松尾:します! デートにフルバックなんか履いてきたら、急いでTバック買ってきてその場でチェンジさせますよ! そんな滅多にないことですけど、絶対に履き直させますね!

――ここまで聞いてて思ったんですが……もしかして松尾監督は、脚やお尻がお好きなんでしょうか?

松尾:好きです。もうそれは絶対ですね! だから下着にこだわっちゃうんだと思います。そういえばリアルを撮るとか言いながら、そこは非リアルで構わないんですよね、不思議なことに。言ってることが矛盾しちゃってるような気がしてきました。

――でも、そこは「松尾監督の」リアルじゃないですか?

松尾:ああ、そうか。確かに僕がそうじゃなきゃ燃えない、セックスしたくないっていう、リアルですよね。

――では、松尾監督の「至高の一品」は「Tバック」ということで!

松尾:ですね! カンパニー松尾自ら選ぶ、女優のTバック(笑)。作品を観てくださる際に、注目してみても面白いかもしれませんよ。

――ありがとうございました!
(取材・文・写真=もちづき千代子)

【AV関係者がオススメする至高の一品】AV監督・カンパニー松尾(4)
恥ずかしいカラダ リアルラブドール 三原ほのか
出演者:三原ほのか
監督:カンパニー松尾
発売日:2016年9月24日
レーベル:GLAMOUR

おとなしそうな顔だちに細長い手足、そしてGカップの爆乳。三原ほのかの立ち姿は、まるでリアルなラブドール! しかし「穴という穴を全部ふさがれたい、思いっきりいじめられたい」なんて、超ハードな奴隷気質を持つ彼女の願望も持っている悪いお人形なのです。ドライブ中の言葉責めから始まり、後部座席でのオナニー&フェラに続いてナマ挿入。さらにホテルでの密室調教まで……犯されまくりの濃密デートをご堪能ください!