ジゴロプラススプレー

雑誌やネットの流布するイメージで「包茎は悪!」と思ってしまいがち。しかし必ずしもそうとは限らない。
包茎とは、思春期の男子がほぼ必ず経験する、あの「亀頭の皮」問題。皮を被った状態を包茎と言い、手や勃起状態で剥ける場合は「仮性包茎」と呼ぶ(筆者は、初めて皮を剥いて、宇宙生物みたいなピンクの亀頭とご対面した日、そしてお風呂に入ったときに感じた激痛が忘れられません)。

仮性包茎の最大のメリットは皮が剥ける「ズル剥け」の状態になることだが、デメリットも「ズル剥け」になることだ。常に亀頭を露出して刺激に強くなりすぎると、遅漏になるケースもある。いわゆる「不感症」だ。最悪の場合、女性の膣でイクことができない状態になりかねない。
早漏は予防グッズが意外と多い。クリームやコンドーム、サプリメントの他、日常で皮を剥いたままにして亀頭の耐久性をアップさせる矯正器具などもある。だから早漏はコントロールしやすいが、遅漏は一度クセになると厄介だ。
※早漏・遅漏の症状や原因はケースバイケースです。お困りの際は専門の泌尿器科にご相談を。

「女性は包茎を嫌がる」というのもちょっと誤解。女性が嫌がるのは不衛生な状態であり、常に清潔に保っていれば問題はない(はず。そこは世の女性の皆様のご判断を仰ぐしかありませんが)。
かくいうセックスのプロであるAV男優にも包茎の人は少なくない。トップ男優と名高い(2016年現在)森林原人さんやしみけんさんも仮性包茎だとカミングアウトしている。その上、森林さんは「僕の知る限り、男優は9割が早漏ですから(オモトピア インタビュー記事「仮性包茎にはメリットばかり!?AV男優・森林原人さんと森林に行ってきた」より抜粋)」と意見している。アメリカではペニスの皮の意義が見直され、「包皮再生手術」という治療も脚光を集めています。

またペニス自体、平均して25歳前後まで成長すると言われています。包茎の具合も変化します。保険が適用される真性包茎やカントン包茎ならまだしも、学生時代に広告話にのせられて仮性包茎を手術する……というのは要注意。何と言っても、切った皮は永久に元に戻らないということを忘れずに。大金を叩いて手術する前によ〜く考えよう。

迷っている方はこちらもまずご参照を
独立行政法人国民生活センター:美容医療サービスにみる包茎手術の問題点
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20160623_2.pdf

「包茎=ダメ」ではない!手術検討中の人は包茎のメリットにも注目を
ジゴロプラススプレー
参考価格:8,190円
青木タロウ
青木タロウ

フリーのライター小僧。10年来の御用達サイトはDMM.R18。三度のメシとカメラと同じくらいエロも好き。