【アダルトVRの現在と今後の可能性】KMP(4)チ●ポ奪い合うナースたち 蓮実クレア 神ユキ

2016年下半期、本格的にVRへと参入したKMP。代表取締役社長・本間靖英氏にKMPが創り出すVR映像について様々な見解を聞かせてもらいました。しかし、ここに来ての根本的な問題点を指摘!? 本間社長がVRに望んでいることとは!?

――本間社長は現状のVRに対して、技術的な面での不満を持っていらっしゃる?

代表取締役社長・本間靖英氏(以下、本間):不満ではないですね。期待したいこと、という方が正しいです。とにかく手軽に見えるようになって欲しいんですよ。今はPCにしてもスマホにしても、色んな設定した上でないと見ることができないんで。僕はまあ、業者にやってもらったんで楽でしたけど(笑)。

――一般ユーザーにはハードルが高いのではないかと?

本間:そこまでして観たいと思う層がどれだけいるかですよね。だから、望むのはシステムの簡略化でしょうか。また、これは現状では難しいでしょうが、HMDを付けなくても見られるのが本当の理想だと思うんです。

――手軽でない、というのがウィークポイントになってるんですね。では、撮影という面ではいかがですか?

本間:いや、そこはまだ本当に会社としては始めたばっかりなので。改善点が浮かぶまで撮ってみないことには、という段階です。

――つまりVRというのは、今までの映像とはまったく違う分野ということですよね。そういえばVRが出てくる前に3DのAVが一時期話題になりましたが……。

本間:あぁ、うちも発売しましたよ。3Dとしては売れたかな、という感覚です。しかし結局のところ3Dじゃない映像のがぜんぜん売れてたのは事実で、長くは続きませんでしたね。

――一般の映像メーカーも、一瞬出してあっという間に手を引いた印象があります。今回のVRについても、それに近いような撤退の仕方もあり得るんじゃないでしょうか?

本間:いえ、実はVRというのはコスト面で圧倒的に3Dより優れているんですよ。リスクとしてはVRの方が少ないです。それを考えると、3Dと同じような結果にはならないと思います。

【アダルトVRの現在と今後の可能性】KMP(4)AIKA VR 2人きりの空間でイチャイチャ濃厚舌ピアスフェラ

――何度かお話しましたけど、アダルトVRで撮影できるプレイの幅の狭さの問題って、今後色んなメーカーがVRに着手し始めたあたりで、ぶち当たらずにはいられないと思うんですよ。今で言えば、フェラ、手コキ、全身リップ、挿入が限度ですよね。

本間:そうなんです。しかし、まだその問題に関してはまったく着手してませんね。対策も考えてません。やっぱりまだ、そこまで考えることができるほど撮り尽くしてるわけじゃないというのが大きいです。現状の形で、どこまで多様性を持たせられるかに、まずは挑戦していければと思います。

――シチュエーションを変化させる、とかも考えてないですか?

本間:例えば、女の子数人がセックスなりオナニーなりしているのを覗くというシチュエーションなんかはアリだと思います。その距離感をボタンひとつで縮めたり遠ざかったりできる、みたいな。そういうオペレーションができたら一気にハネそうな気がします。

――確かに、それならばあくまでも主観でありつつ、客観視点でのセックス描写もできなくはないですね。

本間:おそらく、こうした技術はAVよりも先にゲームで発展するんじゃないでしょうか。その技術が、AVの方にまで降りてきたら取り入れていく。それが一番現実的なような気がするんです。

――そういえば、このVRの映像って、普通の映像として見ることも可能なんでしょうか? 普通にAVとして。

本間:配信ならできるみたいです。普通の映像で見るとこれって二画面なんですよね。一つにする方法もあって、それがダウンロードでしかできない、と。

――パッケージとして売るには、まだVRは難しいということですね。

本間:いや、でも一概に無理だと決めつけるのはまだ早いですね。VR映像をDVDと配信で連動をさせる販売方法もありますから。「全編見たい人はDVDを買ってください、VRを見たいならサイトでダウンロードしてください」みたいな。これならDVDにQRコードを埋め込めばいいだけですからね。

――なるほど! そうすることでAVユーザーへのVR普及も可能になる、と。

本間:ユーザーの皆さんに、上手い選択肢を与えてあげたいですね。AVの楽しみ方の幅が増えるわけですから。一番の理想だと思います。

――ありがとうございました!
(取材・文=もちづき千代子)

profile_kmp
KMP
Twitter:@kmp_kouhou

アダルトDVDの決定版として、業界に長く君臨し続けているAVトップメーカー。MILLION、宇宙企画、S級素人など数多くのレーベルを抱え、近年ではアダルトグッズ業界にも参入を果たしている。2016年よりアダルトVRを本格的に始動させ、トップAV女優たちとのリアルすぎる体験を表現。圧倒的なキャスティング力で、アダルトVR業界に新たな風を吹き込んでいる。