【アダルトグッズレビュー】バーチャルシリーズ ラブボイスバーチャルシリーズ ラブボイス

VRに続け!ホールのネクスト・ジェネレーション!!

このアイテム(いやもうマシン)を使いこなすには、まずこのレビューをちゃんと読みましょう!
悪いことは言わないから。
読んでから使わないと損するよ!

まずは一番大事な点から説明すると、このボイス、本当に半端じゃないから絶対聞いて欲しい!!
機械的な合成音だとばかり思ってたら「CV:藤乃理香」って記載されてる通り、本当に声優さんが官能ボイスをしゃべってくれる!!

しかも「サンプリング周波数:44.1KHz、サンプルビット:16bit」!?
「なん……だと……!?」

当然挿入に反応してボイスが出るんだけど、円筒形のボディが少しとがってるほう、そっちがフロントで、センサーが入っている部分ね。
ぱっと見綺麗な円筒なのでわかりにくい。
そのフロント面の上部と下部に官能ボイスセンサーが付いてるわけで、そのセンサーに向けて圧力をかければいいんだけど、これが結構難しい。

実はボディの中に入っているクリアピンクの見た目にも綺麗なホール本体。
この素材と作りが凄いクオリティ高いのが原因(ペラペラだったらセンサーに簡単に接触するから)。
最初音がぜんぜん出なくて何度もスイッチOFF、ONしてしまった(笑)。

正直、ボイスを出そう出そうと頑張っているうちに、ホール自体の気持ち良さで果ててしまった……。
もう声はいいかと思った(笑)。

それにしてもこれ。
電気通ってるし、ローション無しでは挿入できないし、どうやってメンテナンスするんだろうと思いつつ、思い切ってホールを引っ張ってみた。
「ブリンっ!!」って抜けた!?

凄いな、最近のホールって。
本体着脱してメンテナンスできるようにしてある。
ホント、アイデアの宝庫だと感心した。

「おー!?」

そうです。

ホール本体を抜いたおかげでプラボディの中が丸見えになる=センサーの位置がはっきりわかる!!
怪我の功名という奴か。

このおかげで、センサーの位置を把握できたので、その後はホールを取りつけ、センサーに向けてプッシュプッシュ!!
ボイスを楽しみつつ、最初よりだいぶ早いフィニッシュを迎えることができたとさ。

ということで、まずは「ブリンっ!!」っと、ホール本体抜いてみて!!
これが最も大事なポイント!! 怖がらず試してみようぜ!!

あと付け加えるとするとパッケージかな。
どっかで見たことある可愛いキャラだなー……でも深く追求はしないよ!!
商品のネーミングといい、一度官能ボイスを体験したらこのパッケージの意味をバッチリ感じとれるはず。

ぜひともこのマシンを使いこなすテクニックを身につけて100%の効果を楽しんで!

【アダルトグッズレビュー】バーチャルシリーズ ラブボイス
バーチャルシリーズ ラブボイス
メーカー: Kiss-me-Love(キス・ミー・ラブ)
参考価格:6,264円
パッケージ 中身 コスパ 素材 総合
5 5 4 5 5