【アダルトVRの現在と今後の可能性】3D美少女アダルトゲーム メーカー イリュージョン(3)

イリュージョンでは、「VRカノジョ」発表以前から、PC版だけでなくVR機能も追加されたVR併用のアダルトゲームを販売していました。その中でもネット上で大きな話題を呼んだのが、無限に近い選択肢でキャラをカスタムできる「ハニーセレクト」。今回、こちらも体験させていただくことになりました!

――「ハニーセレクト」はVR併用のアダルトゲームだそうですが、このゲームの特長は?

イリュージョン プロデューサー・大鶴尚之氏(以下、大鶴):なんといっても、「最高峰のキャラメイクで思い通りのエッチを楽しめること」ですね。髪型や衣装、顔や肌、性格やコミュニケーションをとる中で変化していく心情まで思うがままにできるんです。

――えぇっ!! それって、自分の理想の女性を作り上げられるってことですよね!?

大鶴:自分の分身である男性キャラも同じように作り込めます。自分をそのまま生み出すこともできるし、理想とする姿に変わることもできます。シチュエーションもかなり幅広く設定できるので、まさに理想の女性と理想の自分で、理想のセックスを実現できるというわけです。

――やってみたい! 私も作りたい!! 理想の女の子!!

大鶴:今回は時間の関係で、女性のカスタムのみになりますが、ぜひお試しください。

【アダルトVRの現在と今後の可能性】3D美少女アダルトゲーム メーカー イリュージョン(3)

――顔の形……髪型……目のサイズとか、離れ方も設定できるんですか!? ちょっと、無限すぎて何から手をつけていいか、わからない!! とりあえず、ちょっとテーマを決めちゃいますね。そうだな……「幸薄そうだけど、妙にエロい三十路人妻」ってことで。

大鶴:(苦笑)

【アダルトVRの現在と今後の可能性】3D美少女アダルトゲーム メーカー イリュージョン(3)

――目は離れ気味で、そんなに大きくない方がいいですね。輪郭は下膨れ気味で、黒髪ストレートが基本でしょう。一つに結んでる方が薄幸そう。あ、声も変えられるのか。ちょっとアルトな感じで喘いでくれたら嬉しいので。……これ、楽しいですね。

大鶴:自分でカスタムしたキャラの動画をネットでアップされている方も多いですよ。皆さん、感心するほどに上手い。どうやって作ったんですか!? ってこっちが聞きたくなりますね。あ、顔は出来ましたか。では今度は体を作ってみてください。

――やっぱりここは爆乳ですね。乳輪・乳首もわりと大きく。でも色はピンクがいいです。でも熟女だから、ちょっとお腹周りは弛んでる感じがエロさを倍増させると思います。

大鶴:お尻もだいぶカスタムできますよ。大きくデーンとした感じから、キュっとした感じまで。フェチの多い部分は、選択項目をなるべく幅広く持たせるようにしています。

【アダルトVRの現在と今後の可能性】3D美少女アダルトゲーム メーカー イリュージョン(3)

――私自身、平らな尻がコンプレックスなのですが、この子は丸くて顔面騎乗が映えるサイズにしたいですね。でもちょっと縦長で、さらに大きく見えてしまうことをコンプレックスに思っていて欲しい。

大鶴:こだわってますね(苦笑)。服装はどうされますか? やはり人妻風に?

――人妻の定番、タートルネックのノースリーブに短いタイトスカート。腰巻のエプロンで完璧です。

大鶴:性格も設定できますよ。あと、エッチの時のリアクションも変えられます。例えば、最初は嫌がっているのに、だんだんと淫らになっていくとか……

――そこまで自分の思う通りにできちゃうんですか!? じゃあ、性格はおっとり系で、すごく恥じらいのあるタイプだけど、本当はエロい……と。これで決まりですね。

【アダルトVRの現在と今後の可能性】3D美少女アダルトゲーム メーカー イリュージョン(3)

大鶴:ここからは、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)をつけて、VR映像でお楽しみください!

――スゴイ……!! 自分の作った女の子が、私の下で腰を振りまくっている……!! しかも体位をコロコロ変えて……ある種の感動すら覚えます。

大鶴:エッチシーンは、挿入・奉仕・愛撫・特殊と4種類あり、そこからさらに細かく多岐に渡ったモーションが展開されます。このセックスの間にコミュニケーションをとることで心情が変化し、表情やセリフも変わっていきます。そのバリエーションは、もはや無限と言えるでしょう。

【アダルトVRの現在と今後の可能性】3D美少女アダルトゲーム メーカー イリュージョン(3)
【アダルトVRの現在と今後の可能性】3D美少女アダルトゲーム メーカー イリュージョン(3)

――自分のカスタムキャラのオリジナルの動画をネット上にアップする人の気持ち、わかります。いわば、自分の監督した作品ですもんね。これがVRでも見れるとなったら、ある意味無敵かもしれない……。「VRカノジョ」には、こうしたキャラメイク機能は考えてないんですか?

大鶴:そこはコンセプトの違いですね。「VRカノジョ」は、「夕陽さくら」をとことん愛しんでもらうゲームなので。ただ、今後の別のVR専用のゲームには、キャラメイク機能が搭載されることは考えられますよ。

次回は、ついに大鶴氏激白! 「VRカノジョ」の今後の課題とは!?
(取材・文=もちづき千代子)

illusion_logo
Illusion(イリュージョン)

最新の3D技術を駆使した「リアルタイム3D美少女ゲーム」を多く発表するアダルトゲームブランド。
「おっぱいスライダー」や「リアルタイム日焼け」といった、他のゲームでは体験できない様々な要素を用意している。