埼玉県の最大手ショップ、利根書店 吹上店

買い物が楽しくなる「売り場4原則」とは?

利根書店に入ってまず感じたのが商品の見やすさ。一見しただけではごく普通のアダルトショップと変わらないのだが、売り場を回っているうち、その見やすさに気づかされる。

三度店長(以下、店長):弊社では『見やすい・選びやすい・取りやすい・戻しやすい』売り場の4原則という考え方を元に
陳列を工夫しています。新作や人気商品を目線の高さに置いたり、少なすぎず多すぎないバランスを考えて並べるなど、お客様がストレスを感じないことを第一としたブース作りが大切です。

また、売り場には多くのサンプルが置かれていて、グッズの感触や形状などをつぶさに観察できる。

店長:実店舗のメリットは実物に触れられることなので、できる限りはサンプルを置くようにしています。また、新作商品はできる限り仕入れるようにしたり、ランキングのような情報を伝えることでお客様を飽きさせないことも重要です。

埼玉県の最大手ショップ、利根書店 吹上店

同社ではデザイナーがポップなどを作成しているとのことで、店内のさまざまな飾りは素人の手書きとは明らかにクオリティが異なるものであり、注目すべき商品が分かりやすいデザインであるのが特徴的であった。


気配りから感じる嬉しいサービス