女性向けAVメーカーの「シルクラボ」と、女性向けアダルト動画サイト「GIRLS’ CH」で圧倒的な人気を誇るエロメン、一徹さん。同じAVという世界にいながら、彼が男性の目に触れることはめったにないだろう。しかし、彼の発信していることのなかには、男性にこそ知ってほしいものが多く含まれている。なぜなら、一徹さんは“最も女性に近いAV男優”。彼がアダルトグッズを語るシリーズvol.3は、思わず目を疑うようなモノが登場した。

一徹さん(以下、一徹):これ、何ですか? アダルトグッズというよりは、家電に見えるんですが。まるでドライヤーか何かのよう。

――2016年秋に発売された「グラインドブラスター」です。新感覚の電マというか、超大型ローターというか。いままでにない発想のグッズです。さっそくスイッチを入れてください。

グラインドブラスター
メーカー:メルシー
参考価格:4,378円

一徹:はい。あ、一般的な電マとはぜんぜん違いますね。身体に当てる面が振動するのではなくて……。

――身体に接する面を広くとり、そのなかにマッサージ器の「もみ玉」のようなボールが8個、内蔵されています。これがぐるぐるとうごめいて刺激を与える……という仕組みです。

一徹:もう本格的なマッサージ器じゃないですか。でも、いまはアダルトグッズとしてこんなに普及している電マも、元をたどれば家庭で手軽にマッサージができる家電として発売されたものをエッチな目的で使ってみました、というのが始まりですもんね。この「グラインドブラスター」も、まずは大事な部分でなく、肩や腰に当てる人が多そう。ちょっと試してみていいですか?


一徹:わー、グイグイもまれますね! これはすごい。

――やっぱり腰、おつかれですか?

一徹:いや、それがぜんぜん(笑)。

――こんなに毎日忙しく活躍されているのに……。

一徹:僕、どんなに忙しくても、肩こりや腰痛といった形では疲れが出ないタイプみたいで。

――それは、とてもうらやましい体質です。

一徹:逆に、「肩こるわ~」といいながらぐるぐると腕を回す、みたいなことしてみたいんですよね。そのほうが仕事している感、出るじゃないですか。なんか僕だけ、怠けているみたいで(笑)。でもいま、みなさんおつかれですよね。女性もデスクワークや立ち仕事の方は特に、一日を終えると首から腰がパンパンって方が多いですよね。

――そんなときは、セックスしたいという気持ちも起きません……。

一徹:ですよね。彼氏や旦那さんといても、いきなりエロエロ全開にはなれないですよ。だったらまずはその疲れをほぐしましょう、ってことで「グラインドブラスター」の出番です。自分で使うのもいいけど、お互いにマッサージし合うのがいいと思います。僕のように肩こりや腰痛と無縁の人間だと、マッサージの仕方もよくわからないんですよ。髪を切りにいったときに美容師さんがちょっともんでくれただけで「いたたたっ」てなっちゃうくらいだから。そんな人でも、このグッズにお任せしてしまえば、ちょうどよく相手の疲れを癒せますよね。

――背面についているダイヤルを回すことで強弱を無段階で調整できるので、まずはいちばん弱いモードからはじめるとよさそうです。

一徹:コード式なので、ダイヤルをMAXまで上げると結構な刺激になりますね。重量感もあるので、その重さをかけるようにマッサージすると、しつこい腰痛も撃退できそう! 5,000円ちょっとで毎日これが使えるなら、マッサージ店に通うことを考えるとずいぶんお得ですよね。ふたりのスキンシップも増えるし。

――セックスする、しない以前に、ふたりでふれあう時間を作るのが大事ということでしょうか。

一徹:そう思います。ふだんからスキンシップもないのに、いきなりセックスしようっていうのはむずかしいですよ。こうしたグッズをコミュニケーションツールとして日常的に採り入れてほしいですね

――とはいえ、これもれっきとしてアダルトグッズ。デリケートな部分に当ててもお楽しみいただけます。

一徹:女性のデリケートな部分も、凝っている方多いですからね。もみほぐしながら、気持ちよくすると感度もアップするかもしれません。脚の付け根のあたりはリンパも通っているし、男性もほぐしたほうがよさそうですよね。それで、勃ちがよくなったらうれしいです!

一家に一台、癒やしからエロまでを網羅するとなると、これはまさにアダルト家電。「今夜はするぞ!」という夜以外でも使用することで、ふたりの距離が縮まることは間違いないだろう。
次回、一徹さんがアダルトグッズを語るvol.4は、最新のオナホールとともにお届け。一徹さんも「こう来ましたか!」と驚いた、ある機能とは……?
(取材・文=森友ピコ、写真=もちづき千代子)

一徹
Twitter:@ittetsu_silk

1979年2月21日生まれ。埼玉県出身。B型。
男優とは思えぬ柔らかなルックスと物腰から、女性向けAVメーカー「SILKLABO」のAV業界初の専属AV男優として抜擢され、女性から多大なる人気を博す。現在は女性向けAVメーカー「SILKLABO」と「GIRL’S CH」のW専属として活動。人気エロメンとして、TV・ラジオ・雑誌・イベント等にも出演し、マルチな活躍をしている。著書に「恋に効く SEXセラピー(KADOKAWA/メディアファクトリー)」など。