【アダルトグッズのお勉強】日本のローション文化は空海から始まった!?ローション博士のローション選び方講座

「女性」という視点のローション選びとは?

女性という視点でローションを見ていくとき、最も注意してほしいのが成分。
日本の多くにローションでは先述したポリアクリル酸ナトリウムが使われています。この〜ナトリウムは食品添加物にも使われている安全なものですが、ローションの水が蒸発して乾燥すると吸水性を持つという性質があります。洗いにくい膣内にはローションが残ってしまうことも多く、水分を吸収して乾燥させてしまうため、あまり女性にとって好ましくありません。
ローションはさまざまなシーンで利用できますが、女性と挿入で使用する際は、ポリアクリル酸ナトリウムはオススメできません。例えば最近では、グリセリンやセルロース、カルボマーなど膣内に残りづらい成分のものが増えていますし、欧米ではすでにスタンダードなシリコンも、菌の繁殖がしずらいのでオススメです。
また、オーガニックを謳った製品なんかも見られるなど、いろいろな成分によるアプローチがなされています(植物性はアレルギーの原因になることもあるので注意)。ショップの方たちには色や感触だけではなく、用途にあった安全かつ快適なものという視点で「成分」にも注目していただき、販売に生かしてほしいと思います。


ローション博士が思い描く未来形ローションのイメージとは?