手ピカジェル

冬が到来し、だんだんと心配になるのは風邪やインフルエンザだ。世間では手洗い・うがいの徹底がどんどん叫ばれている。暖かい自宅に帰って即オナニー……なんて習慣も要注意だ。

東京都福祉保健局が、手の細菌について「必ずしも有害なものばかりではありませんが、食中毒菌のように体内に入ると腹痛や下痢などを引き起こす細菌やウイルスが付いていることもあります」(東京都福祉保健局の公式サイト「食品衛生の窓」の記事「みんな集まれ! 手を洗おう」より)と述べているように、色んなモノに触れる手は細菌だらけなのだ。こうした認識を受け、集団食中毒などを警戒し、不特定多数の人の手が触れる餅つきを禁止した自治体も少なくない。

だから帰宅後の即オナニーは禁物。通勤時にエスカレーターの手すりや電車の吊り革、レストランのメニュー表、自動販売機のボタン、カフェのテーブル、タクシーのドアなど大勢の人間の手が触れるモノはとくに細菌だらけ。そんな細菌を付着させた手でいきなり淫部を触るのは、実はこわ~い行為なのだ。

何より怖いのは、菌による感染症の発生だ。性病はもちろんのこと、アナルをいじれば腸内にウィルスが侵入する可能性もある。男女問わず注意が必要だと言えるだろう。手淫の前には、石鹸による手洗いや市販のアルコール除菌剤をしたほうが断然いい。

そう考えるとバイブやローター、オナホールなどアダルトグッズを使うのは意外と清潔な行為かも?

青木タロウ
青木タロウ

フリーのライター小僧。10年来の御用達サイトはDMM.R18。三度のメシとカメラと同じくらいエロも好き。