昼、介護職。夜、デリヘル嬢。

今回は都内下町デリヘル勤務・Kちゃんのお話。「お客さんと一緒にお風呂」で起こりがちなトラブルについて聞いてきました。お世話になっているあの子のために覚えておきたい、女の子のカラダ事情をご紹介します。

「デリヘルでお風呂=時間のムダ」と思うお客さん、実は多い!?

――Kちゃんは新宿で働いていた時期もあったんだよね。下町に移って、変わったことはある?
デリヘル勤務・Kちゃん(以下、Kちゃん):セカセカしてたり、貧乏性っぽいお客さんは少ない気がしてる。「湯船に浸かるのは時間のムダ」って言うお客さんが、あんまりいないかも。

――気持ちの余裕ってところかな?
Kちゃん:街の雰囲気のせいかもしれないけど、全体的にのんびりしてるような……。新宿の頃は「風呂なんかより、ベッドでたっぷりエロいことしたい!」みたいな人が多かった気がするんだよね。

――長時間コースで遊びに来る人も多そうだね。そのあたりは、どう対応してる?
Kちゃん:80分コース以上のお客さんには「湯船ためて入りますか?」って聞く。でもプレイ場所がお客さんの部屋で、汚れてたら聞かない。浸かりたくないもん(笑)。

――変な菌がいそうで怖いもんね。でも、本指名のお客さんは喜んでくれるよね?
Kちゃん:そうだね。80分コースなら、シャワーと着替え時間を引いて、プレイ時間は50分ぐらいになるのかな。その間ずっとベッドでプレイするのは、体力的にツラいよね。

ボディーソープは優秀プレイアイテム! だけど……

――お客さんとお風呂に入るとき、気をつけてることはある? 困っちゃうこととか。
Kちゃん:うーん……のぼせるとか、汗で化粧が落ちるのは困るね(笑)。しっかり温まらないようにしてる。

――風邪ひくのも怖いしね。
Kちゃん:ボディーソープを使って触りっこするのは、だいたい喜んでもらえるよね。ただ困るのは、ボディーソープがついた手で、中まで洗おうとするお客さん。

――マンコの中まで?
Kちゃん:うん、悪気はないと思うんだけど……。ニオイが気になるのか、親切心なのかは分からないけど。外側だけでいいのにって思う。

――そういうとき、どうするの?
Kちゃん:先にお客さんをベッドに送り込んで、お湯で流すよ。「またかよ、まったくもう!」って思いながら。人には見られたくない姿だよね(笑)。

膣内のボディーソープ洗い、どうしてダメなの?

女の子のおりものには、膣内をキレイに保つ「自浄作用」があります。膣内をボディーソープで洗うのは、アソコのニオイを強めるどころか、性病の原因になってしまうことも。また女の子の気持ちの面でも、あまり良いお作法とは言えないものなのです。洗ってあげたいときは、外側のビラビラ部分までにしておきましょう!

ともしび灯子
ともしび灯子

ゆとりコンプレックスを抱えている現役風俗嬢。
19歳のころ池袋で怪しいヘルス店員に拾われて以来、夜のお仕事遍歴を順調に重ねている。
趣味はOA小物集めと献血。
お客さんと女の子たちの一挙一動に、いつまでもビビりがちな青二才。