性病検査STDチェッカー【タイプN(男女共通)】 2項目:クラミジア(のど)、淋菌(のど)

皆さま、風俗遊びはお好きですか? 他では味わえないひとときが魅力の風俗店ですが、上手に遊ぶために気をつけたいのはやはり性病ですよね。
性器同士の接触がなくても、挿入がなくてもうつってしまう性病が存在することは、ご存知でしょうか。さて今回は、次の夜遊びにそなえて知っておきたい「のど性病」のお話です。

あなどったらダメ!「のど性病」実は厄介なんです

「のど性病」と呼ばれているのは、主に「のどクラミジア(咽頭クラミジア)」、そして「のど淋病(咽頭淋病)」など。感染原因の多くはオーラルセックス、そしてディープキスと言われています。
「のど性病」には、一般的な性病と比べて厄介な点があります。まずひとつ目は自覚症状が出にくいこと。感染に気づかないまま、さらなる感染を広げてしまうことも十分にありえるのです。
ふたつ目は治療期間が長いこと。「のど性病」は、抗生物質を服薬することで治療します。しかし一般的な性病の治療より、のどの場合は抗生物質の効き目が弱いのだそう。

「のど性病」、どこで検査する?

プライバシーをしっかり守って検査したいなら、インターネットで購入できる「STDチェッカー」がおすすめ。詳しい使用方法はメーカー等により異なりますが、基本的には「誰にも知られずに高精度な検査ができる」というものです。
「のど性病」にかかっている可能性が濃厚なら、病院で診察を受けるのがよりスムーズでしょう。専門医師と対面して具体的なお話を聞けるというのは、ひとりで思い悩むよりもはるかに心強いはず。

性病検査STDチェッカー【タイプP(男性用)】 4項目:クラミジア(性器/のど)、淋菌(性器/のど)
参考価格:9,936円
性病検査STDチェッカー【タイプP(女性用)】 4項目:クラミジア(性器/のど)、淋菌(性器/のど)
参考価格:9,936円

無症状だからこそ怖い! のど性病を放置すると……?

どの性病にも言えることではありますが、治療せずに放っておくと恐ろしい事態が待っています。性病にかかっている身体は、HIV感染のリスクが通常の数倍まで高まってしまうのだそう。
症状がないからといって、放置していた性病。気づいたときには、大変なことになっていた……というのは、きっと想像に難くないでしょう。小さな厄介ごとがのちのち大事にならないよう「早期発見・早期治療」でやっつけておきたいものですね。

カサイユウ
カサイユウ

お金大好きなアラサーライター・飲み屋の姉ちゃんです。
痛みで興奮するタイプですが、変態ぶっているフシがあります。
酒の失敗は3日で忘れます。