これなら突然家に誰が来ても大丈夫かも? そんなスタイリッシュなデザインのアダルトグッズが「A10サイクロン スタンドアローン(SA)」だ。

同商品は、リモコン(R-1コントローラー)で多彩な動きを楽しめる回転式電動オナホール「A10サイクロン」の後継商品。無骨なメタリックデザインから、まさに家電製品を思わせるようなフォルムとデザインに変身を遂げた。またリモコンのいらないコードレスタイプになったことで、好きな体勢でオナニーしやすくなったのが嬉しい。

従来品に比べて縦29.5cm、横11.7cmとビックサイズになったことで、オナホールはペニス全体を覆う肉厚なパーツを採用(本体に標準付属せず、別売「A10サイクロンSA専用ホール」)。7パターン×7種類の動きでグイングイン快感をもたらす。また従来品と同じくオナホール部分の着脱・洗浄が手軽なので清潔感もバッチリ。

新しい進化を遂げたのが動画との連動機能だ。商品付属の動画編集ソフト(「VORZEプレイヤー」)を駆使すれば、様々な動画のあのシーン、このシーンで「A10サイクロン スタンドアローン(SA)」にお好みの動きを与えることができる。

また本商品は、アダルトグッズと映像データをシンクロさせる映像規格「+1D」に対応。「+1D」向けの動画を配信するサイト、Adult Festa TV(専用プレイヤー「D-PLAYER」の使用必須)や同規格対応のDVDなどの作品を楽しめる。さらにさらに、Adult Festa TV内の「VR+1D」という表示の作品なら、機器がすっかり流通しているVRの映像で「A10サイクロン スタンドアローン(SA)」の連動サービスを楽しめてしまう。つまりVR映像で視界が完全に塞がっていても、電動オナホが要所でグイングイン動いちゃうというわけだ。ここまで来るともう、未来感がスゴい。

“性家電”のキャッチコピーで展開中の「A10サイクロン スタンドアローン(SA)」。生活に溶け込むデザインはもちろんのこと、2016年頃からVR作品が急増しているだけに、存在感はさらに増していきそうだ。

青木タロウ
青木タロウ

フリーのライター小僧。10年来の御用達サイトはDMM.R18。三度のメシとカメラと同じくらいエロも好き。