往年のAVでお決まりのピンク色の四角い専用リモコンは、もう時代遅れなのかもしれない。近頃は、スマートフォン対応のニューリモコンバイブ(通称:リモバイ)がにわかに増えてきている。

その一つが、海外メーカーが展開する「マジックモーション キャンディ」だ。スマホアプリを利用した無線ローターで、着脱式のローターをシリコンカバーに装着して使用する。振動操作は、お使いのiPhone(iOS 7以降)やAndroid(Android 4.3以上)で専用アプリをダウンロードして行なう。音楽や声に合わせて振動するパターンも用意している。

スマートバイブ「ZOO」シリーズも注目だ。メンズマックスが展開する同商品(5つのモデルを販売)もスマートフォンに連動しており、16種類のタッチパネル操作や音声認識モード、シェイク機能、音楽・動画に反応する機能を搭載。さらには手描きした図形に合わせて振動するオモシロ機能まである。

こうした”スマホリモコン”のメリットは2つ。1つ目のメリットは専用リモコンがない分、商品価格が下がる傾向にあること。もう1つのメリットは、スマホがリモコン代わりになるため、リモバイ操作がより自然になることだ。スマホをタッチしたり話しかけたりするだけで作動するので、リモコンをモロ出ししても違和感がないのだ。また音声対応モードを使えば、彼女の大好きな楽曲や動画でアソコを刺激……なんて楽しみ方もできちゃう。いやはや、とんでもない時代になったもんだ。

大きく進化を遂げた次世代のスマホ対応型リモバイ。彼女と二人で楽しみ方を見つけてみよう!

青木タロウ
青木タロウ

フリーのライター小僧。10年来の御用達サイトはDMM.R18。三度のメシとカメラと同じくらいエロも好き。