人気AV女優がアダルトグッズの正しい使い方をレクチャーする【オトナのオモチャ相談室】。Vol.3は、実は大島薫さんも使ったことがあるという、岡田快適生活研究所の「超強力牽引ペニストッキング(メスイキベルト)」。一見すると扱いが難しそうなこのアイテムの使用法をしっかり教えていただきます!

超強力牽引ペニストッキング(メスイキベルト)
メーカー:岡田快適生活研究所
参考価格:6,480円

大島薫さん(以下、大島):これ、一回使ったことがあるんですよ。

――すでにお使いになられていたんですね。率直な感想を教えていただけますか?

大島:難しかった! 構造を理解するまでは、大変でしたね。でも、使ってみるとけっこう良かったんですよ。ちゃんとメスイキできました!

――商品名に偽りなし!

大島:僕の本でも紹介させてもらいましたし。難点としては、勃起すると辛いかな……と。これは、もう僕の勃起力のせいなんですけど。

――勃ちが頼もしいタイプの人には厳しい?(笑)

大島:でも、ちゃんと射精よりも先にメスイキが来たんで満足な使い心地ですね。収納するという意味ではアレですが。

――メスイキというのは、いわゆるドライオーガズムのことですか?

大島:なんですけど、僕はそのドライオーガズムという言葉は使わず「メスイキ」と言っています。ドライオーガズムってすごく広い意味の言葉なんですよ。例えば、精通前の男の子が精子出ないのにシゴいてイっても、ドライはドライっていうのと同じことで。精子があるのに、精子が出ずに絶頂感があるっていうのをメスイキと呼んでるんです。

――なるほど! そういう違いがあるんですね。

大島:精子がなくて射精しなくてイクっていうのは、睾丸のタンクに精子が入ってないからイカないってだけなんで。これを僕は「空イキ」って呼んでます。

――そういう判別の付け方をしている、と。

大島:だからメスイキベルトも、射精しすぎたから出ないというわけではなく、精子があるのに絶頂感があるっていうのも意識してるんだと思います。

――実際に「超強力牽引ペニストッキング(メスイキベルト)」を使ってみて、一番良かったポイントはどこでしょうか?

大島:優秀だと思ったのは、おちん●んを後ろに折り込むことだと思うんです。折り込むことによって管がまっすぐじゃなくなるので、そもそも精子が出ずらい状態になるんです。そこはコックリングと一緒ですよね。

――ということは、メスイキベルトの使い心地としては、コックリングに近いと?

大島:でも、コックリングは締め付けというか強制力が凄いものですけど、メスイキベルトは自然と射精に結び付かないようにしているという感じ。そういう意味では、メスイキだけを目指すならコレでいいんじゃないかな、と。あとは、アナルでメスイキしたいってことになると、また別の話かなと思います。

――そうなんですね。

大島:でも、実はこれ、お尻の部分までグっと、ベルトがあるんですよ。だからアナルに物は挿れられないものだとばかり思ってたんです。ところが実際使ってみると、牽引する力は腰にかかっているので、多少ずらしてもその力は失われないことが判ったんです。

――つまり、メスイキベルトはアナル系グッズと併用ができる、と。

大島:そういうことです。なので、アナルでメスイキを目指してるのでどうしてもイっちゃうって人は、これを使うことで射精への概念が消せるわけです。

――凄い。そして、アダルトグッズに対する考察力がハンパない(笑)。

大島:いつも僕、こうなんですよね。エロいことしようとしてるのに、何故こんなことを考えてるのか……。

――頭の中で考えを巡らせちゃうというか、分析しちゃうんですね。

大島:まあ、大事かなと思ってます(笑)。……あ、できた(メスイキベルトを組み立てていた)

――組み立てるとこうなるんですね。けっこう簡単に着けられそう。

大島:今の状態だと簡単なんですよ。でもこれ、腰に通してからハメるのはけっこう難しいです。でも、さっき気づいたんですけど、この腰の部分に以前使った時には無かった玉が付いてるんですよ。後ろ前を見分けやすくするために新しく付けたのかもしれませんね。

――この商品は、さらに発展し続けてるということか……。

大島:つまりメスイキベルトは、まだ完成形ではないってことなんだと思うんですよ。これからどんどん成長していく。どんな最終形態になるのか楽しみですね!

最終回は、大島薫先生も仰天のオナホールが登場!
(取材・文・写真=もちづき千代子)

大島薫
Twitter:@Oshima_Kaoru

元セクシー女優の男性タレント。現在は作家としても活躍中。男子のための女性型オーガズムマニュアル「絶頂! メスイキゼミナール(三和出版)」発売中。