カスタムメイド3D2」を実際に体感すべく、ゲームをプレイさせていただくことになりました。筆者は、3Dアダルト美少女ゲームの世界に、簡単に没入できるのでしょうか!?

――ついに「カスタムメイド3D2」の体験ですね……ドキドキ。(HMR[ヘッドマウントディスプレイ] 装着済)

KISS CTO(最高技術責任者)ねい氏(以下、ねい):カスタムメイド3D2」は、キャラクターのカスタマイズパート、キャラクターたちのダンスパート、そしてエッチパートに分かれています。このゲームにおける3大重大要素ですね。

――さきほど言ってた「LEAP MOTION」ってどういう感じなんですか?

ねい:では、ちょっと手を前にの伸ばしてもらっていいですか?

――ハッ! 画面に手が!! 私の手が出てきている~!!

ねい:この手が見えることで、画面の中と現実とがしっかりとリンクするんですよね。

――な、なんか感動です……。が、とりあえず一通り色々体験してみたいので最初からレクチャーお願いします!!

ねい:では、HTC VIVEを手に持ってください。まずエディット画面に行きましょう。ここでキャラクターをカスタマイズします。髪の色や顔、スタイルを変更できますし、性格なんかもボイスを聞きながら調整できます。

――ここ弄り始めると私、たぶんエンドレスで作ってしまうので今回はデフォルトのまま行きたいと思います。

ねい:それなら流れの中で変えていきますかね。では、実際に触ってみましょうか。画面の中のキャラクターに手を触れてみてください。

――……ほほう。これは、かなりイイ感じですね。もちろん実際の手応えはないんですけど、なんか続けていくと本当にそこにあるかのような感覚に……。

ねい:そうですよね! 今のところ触れられるのは、頭とスカートの裾、そして胸の3点になります。ぜひ胸の方も触ってみてください。サイズもお好みで自由に変えられますし……。(キャラクターを爆乳化させる)

――!! こ、これは……。なんだろう、心なしか手のひらにおっぱいの重みが加わったような……。お、重くて丸い乳房の感触が! わが手に!!

ねい:いや、錯覚ですよ!(笑) 錯覚ですけど、本当に触っている感じは出るでしょう? キャラクターのリアクションはまだ搭載されてませんが、これからどんどん進化していく予定です。

――でも、これスゴイですよ。本当に、自分が画面の中の3Dの世界の住人になったかのような……。これが没入感ですよね、きっと。いやまさかアニメ調の3Dの女の子が、こんなにリアルに感じられるなんて!!

ねい:以前は「REAP MOTION」って精度が悪くて、出たばかりの頃は「こんなもんか」くらいのレベルだったんですよ。それがドライバーが新しくなってかなりのクオリティになりましたからね。他のメーカーが尻込みする中で弊社が対応したので、最近になってやり始めたところも出てきたようです。ちなみに、今回はHTC VIVEを使ってますが、Oculusでも対応してますよ。

――あぁっ! 今、このキャラ、パンツ履いてなくないですかっ!?

ねい:その辺は、エロゲなんで……ねぇ(笑)。もちろん全裸にもできますよ。

――もしやコレは、乳首の色や乳輪のサイズも決められるというカスタマイズもありなやつ?

ねい:そうですね。タトゥーを入れたり、かなり細かい身体的な特徴を作ることができますよ。ただ、たぶんこの手のカスタム系ゲームとしては、そこまでパターンは多くないんです。他社さんや海外向けの方がもっといろいろできるはずですよ。ただ、やはり弊社はアニメ調にこだわってはいるので、どれ選んでも合うし、どれ選んでも可愛いという利点はあるんですよ。

――うん、確かに可愛いです。

ねい:あと、もう一つのポイントとして、綱引きするような感覚でコントローラーで画面を引っ張ると、自分を移動させることができるんですよ。

――おぉっ! 本当ですね。簡単に下のアングルに移動できました。この位置だとおっぱいがトスできますね!

ねい:(苦笑)できますね。

――すごいスライム感あります!

ねい:でも、その柔らかさや質感あたりは、もう少し研究が必要だと思ってるんですよ。

――でも、アニメのおっぱいの再現率は凄いですよ! これ以上になると……もう現実に戻ってこれなくなりそうだ!!

ねい:さらにダンスシーンもあるんですよ。楽曲がいっぱいありまして、どんどん増えています。

――曲はオリジナルなんですね! こだわってるなぁ~。

ねい:ダンス中も触れますよ。最前列でライブを見ているような感じになるはずです。

――ヤバイ。超楽しいです。自宅のPSVRで初音●クのライブをよく見るんですけど、それ以上にテンション上がる。触れるから。

ねい:ちなみに、裏ワザですが、このコントローラーでメニューボタンを長押しすると……。

――!!!! 手にバ、バイブが……。

ねい:ちょっとしたコネタも仕込んでるので、お楽しみいただければ(笑)。

――さて、カスタマイズにダンスときて、あとはエッチシーンですけど……。オナホールと連動できるんですよね?

ねい:はい。前回にも言った通り、「カスタムメイド3D2 with Chu-B Lip版」では「Chu-B Lip」というワイヤレスオナホコントローラーと連動が可能です。「Chu-B Lip」なし版だと、育成シミュレーションになるので条件をクリアするごとに可能なプレイが増えてく形です。

――あっ……指を動かすと、なんだか本当に触ってる感じが……。うわぁ……これ、すこぶるエロいじゃないですか。生々しさがハンパないですね……。

ねい:今回は諸事情により、指でセンサーを直接触って頂いてますが、実際はシリコンゴムを介して男性の局部を挿入して頂いて、センサーがその動きを感知し、キャラクターの動きや反応が変化します。

次回は、「カスタムメイド3D2」の今後について深く掘り下げます!
(取材・文=もちづき千代子)

KISS
Twitter:@kiss_staff

接待&育成シミュレーション「カスタムレイド」、エディットヒロイン開発育成シミュレーション「××な彼女のつくりかた」、メイド育成シミュレーション「カスタムメイド」シリーズを発売するゲームブランド。