ムッチプニDX

フルスケールの尻型ホールは重さ5kg、このクラスならではの贅沢な二穴やその重量感に満足

タマトイズ新作の「ムッチプニDX」は5Kgの尻型ホール、そして異なる内部構造の二穴仕様だ。可愛い女の子のイラストはタマトイズ安定のクオリティだが、金髪、緑目の女の子が誘っているイラストもツボに来た。やはり商品を手にするか否かはパッケージの掴みも重要だと思う。またパッケージを開けたところにある大きな「ムッチプニDX」の虹色ロゴもワクワク感を煽ってくれていい感じだ。

本体はヘソから下をモデルにした物だが、脚は綺麗に省略されているので使用する際に邪魔になる部位は無く扱いやすい形状になっている。5kgの重量からも想像できるように表面積も大きいので、油分が気になる様なら使用前に一度中性洗剤で洗浄し同社製の「女子校生の柔肌の匂いがするパウダー」で処理しておくと快適だ。

それでは早速使ってみよう。ビラビラをくぱぁして挿入してみる。椅子の上に置いて使ってみたが、タオルの上などに置いて使えばブリードやローション漏れで椅子が汚れる心配もない。5kgの重量があるので両手で押さえて後ろからバンバン突いていける。

パッケージには「本物以上の気持ちよさ!!」と書かれているが、肉厚な内部がもたらす快感は本能的に腰を前後に振らさせる。前後の穴も味付けが変わっていて2つの感触が楽しめるのはこのクラスならではだ。前は高刺激、後ろは前に比べると刺激が弱く、ややまったりした感じに仕上がっている。ゆっくり楽しんだり、即抜きで使い分けても良いし、前半後半の使い分でもいい。自分が好きに楽しめばいいのだ。

このように疑似セックスとして使用してもリアル感があるしその様に開発されたものだろうが、突っ込んだまま僅かに腰を動かす床オナっぽい使い方でもなかなかな刺激が得られた。左手と股間だけでオナホを押さえて右手はパソコンやブルーレイの操作する「ながらプレイ」が可能なのだ。オナホの形状が絶妙なので軽く体重を移動してやると自分の思った方向に転がってくれるが、軽く体重をかけてやると固定も出来るので扱いやすい。リアルにはほど遠いがこういう楽しみ方も出来る。

尻に絞った製品の為、ほぼ1/1スケールで実感的だが扱いやすい大きさだ。また大型ゆえにずっしりした5kgの重量感や肉厚の贅沢な二穴を存分に味わえる製品に仕上がっている。

ムッチプニDX
メーカー:タマトイズ
参考価格:19,980円
パッケージ 中身 コスパ 素材 総合
5 5 5 4 4
平野敏明
平野敏明
Twitter:@jokegoods

買う物が無くても時間があればアダルトグッズショップに足を運ぶグッズファン。エアピロー系、ランジェリー、コス、二次元系パッケージが特に好き。PNはこの業界で初めてカメラマンの仕事を始めたとき編集長から頂いた名前。