MUGEN∞ しりぺっと~2種類のホール付き~

大型非貫通オナホなのに洗いやすい、しかも固さ変更可。新しいギミックが尻オナホをより快適に

大型オナホの肉厚感は魅力的だが、「重いオナホを風呂場まで持っていって洗うのはちょっと……」とか「非貫通だと洗うのが大変」という意見を時々聞く。しかし今回の「しりぺっと」は肉厚感とメンテのしやすさを両立するアイデアが盛り込まれた製品だ。ぱっと見2.4kgの尻型オナホだが、くぱぁと開くとオナホ部分が取り出せる構造になっている。

この「くぱぁの奥にオナホール」という構造は中国産のTPEラブドールやトルソーではスタンダードだが、国産の大型オナホでは私の知る限りでは多分初めてだ。肉厚感や外見のリアリティとメンテの手間という相反する要望を両立させるアイデアだと思う。また「しりぺっと」ではこの脱着可のメリットを生かしてホールもソフト、ハードの二種が同梱されているので気分に応じて使い分けられる様になっている。

最初は外側を汚さないようにと中側のオナホ穴のみにローションを入れて使ってみたが、外側の入口にも少し塗った方が挿入や動きがスムーズで気持ちよい。使っての感想だが、開発の狙い通りこのクラスのオナホ同様、腰振りオナホとしてその肉厚感を存分に楽しめた。

ソフト、ハードの使い心地は私はソフト好みなのでやはりソフトが良かった。しかし2本のオナホは素材による味付けだけでなく、内部構造も変えてあるので是非両方使ってみよう。

そしてこの製品のハイライトの後片付けだが、着脱は想像より外しやすく入れやすかった。オナホは外したら通常のハンドオナホを洗う感覚で洗えばよい。また外側は先ほど「外側の入口にもローション」と書いたが、塗ったローションの他、漏れたローションもあるので水でジャブジャブ洗う。しかし一体式の細い穴から掻き出す様な面倒さはなく、オナホが入る位の大きな口に大きな穴なので手を入れて洗えるし、タオルで拭けるのでメンテはとても楽だ。

オナホ部分は通常のハンドオナホメンテと同様、外側は水洗いの後タオルで拭いて完了。パウダーで仕上げて付属のブリスターパックに入れておけば、次回使う時も清潔に気持ちよく使えるだろう。きれい好きの人にも安心だし、内部オナホを変えられるので「ソフトもハードもどちらも味わいたい」という欲張りな人にもおすすめだ。

MUGEN∞ しりぺっと~2種類のホール付き~
参考価格:15,600円
パッケージ 中身 コスパ 素材 総合
5 5 5 4 5
平野敏明
平野敏明
Twitter:@jokegoods

買う物が無くても時間があればアダルトグッズショップに足を運ぶグッズファン。エアピロー系、ランジェリー、コス、二次元系パッケージが特に好き。PNはこの業界で初めてカメラマンの仕事を始めたとき編集長から頂いた名前。