こんにちは、ウタマーロです。
下世話な話ですが、男性器の勃起の角度は、よく手のひらを広げたときの指の角度に例えられますよね。親指が10代、人差し指が20代……という感じです。もちろんこれはあくまでも目安の話。
40代でお腹につくぐらい力強く反りかえる人もいれば、10代でも90度ぐらいの角度の人もいます。サイズが大きい人などは重力に負けてしまうということもあるのかもしれません。
指は5本(=50代)までしかありませんが、もちろん70代で現役という方もたくさんいらっしゃいます。硬くなりさえすれば挿入はできますので、それほど気にすることではないのでしょう。

梃子かがり -てこかがり-

一瞬「???」となってしまう体位です。
仰向けになった女性の上に、シックスナインのような姿勢で男性がまたがり、そのまま挿入するというもの。
男性器の向きと膣の向きが真逆なので、大変挿入しづらいです。
起き上がろうとしている男性器をむりやり下に向かせるわけですから、見た目にはなんだか苦しそうだし、勃起の角度によっては痛そうな気もします……。
一方の女性も、いつになく強く肛門側の膣壁を刺激されますので、普段では得られない感覚を覚えるでしょう。目に映る眺めもいつもと違います。
男性の目の前には女性の脚が、女性が身体を起こせば男性のアナルや玉袋が目前に迫ります。
いろいろな意味で上級者の体位と言ってよいでしょう。
※望まない妊娠や性病を予防するため、コンドームを装着しましょう。

p_utamaro
ウタマーロ

都会の片隅のOL兼サブカル系ライター。
昔の大衆文化や風俗が好き。特に昭和前半の風俗や大衆誌、エロ小説等をこよなく愛する。