既にこのトイズマガジンでもVR関連を積極的に取り上げているが、私も先日VRを体験出来るイベントに参加することが出来たのでレポートがてら、その感想を書いてみようと思う。VRというと新技術というイメージだが、想像以上に敷居が低かったことに驚いた。

今回は秋葉原のソフネットで行われた、「TMAのポケットVRを是非体験してみて!」というイベントだ。TMAの人が操作を補助してくれVRが楽しませてくれたのだが、像が立体で目の前に出てくる迫力はもう多くの場所で語られているので今更「凄い迫力、臨場感」とあえて書く必要もないだろう。蓮実クレアさんのお尻が目の前に来た時の臨場感や迫力と言ったら、それはもう……想像に任せます。

ところでこんなVRのAV、スマホユーザならこのセットを購入するだけで楽しめるのだ。映像の迫力云々よりむしろ最新技術がこの手軽さということに驚いた。映像を投影する一番お金がかかりそうな部分をスマホに頼ってしまうという発想が賢いなと思ったが、これ2点のお買い上げで3000円程度。実際ゴーグルは紙で箱を組み立てる0円のモノから1万円を超える物まで色々ある様だが、これだけでVRが楽しめてしまうのだ。

それでは早速手に入れたVRを試してみよう。葉書サイズのパッケージには映像をダウンロードする方法やコードが記されている。パケット代のこともあるのでパソコンでダウンロードして転送するのがよいだろう。VR映像を再生するアプリをストアからダウンロード(無料)して再生すると、普段使い慣れたスマホが写真の様にVRの投影ユニットになる。

そしてスマホをゴーグルに入れるとダウンロードしたAVが立体的に見えるのだ。

「蓮実クレアが目の前に!」

首を横に振れば視界から消えるし、首を上下に振ってなめ回す様に身体を眺めることも出来る。自分の前にはまさに蓮実クレアの居る仮想空間が広がっているのだ。
(写真のイベント会場で使用されていたゴーグルと今回私が購入したゴーグルは型式が異なります)

高価なゴーグルを見せられるとなかなか敷居が高く感じるVR。私も正直そう感じていたがこの手軽さは今回のイベントで一番の収穫だった。勿論今回のVRも映像はスマホに依存しているので、画質はスマホに左右されたり、それ専用の高価なゴーグルに比べ機能等が劣るのは事実だ。しかしモニターで見る平面の画像とは世界の違うVRをこの価格で楽しめたのは非常に面白かった。

初めてのアダルトVRセット

こうして最新技術もどんどん敷居が下がって一般化していくのかなと思っていたら、TMAから4月末に「初めてのアダルトVRセット」なんていう製品が発売されるそうだ。またこうしたVR体験イベントも積極的に行っていくという話なので、VRの一般化が更に進んでいくのではないかと期待している。

平野敏明
平野敏明
Twitter:@jokegoods

買う物が無くても時間があればアダルトグッズショップに足を運ぶグッズファン。エアピロー系、ランジェリー、コス、二次元系パッケージが特に好き。PNはこの業界で初めてカメラマンの仕事を始めたとき編集長から頂いた名前。