現在の日本は未曾有の「国民総セックスレス」クライシス! このままではいけないと立ち上がったトイズマガジン編集部は「2017年は、男も女も性的な意味で潤う1年に!」をスローガンに、「性欲アップ講座」を開設いたしました。

ご教授いただくのは、愛の性の悩みを癒すラブセラピスト・Naomiさん。前回は、近年の男性たちのセックスレスの原因について語っていただきましたが、今回は女性から働きかけるセックスレス改善法を具体的に教えてもらいます。

――前回お話していただいたセックスレスの原因についての結論として、現代の男性たちは年代によってセックスレスの方向性が違うという話が出ましたね。

Naomiさん(以下、Naomi):私が風俗嬢の時、年配の方が元気で若い世代はほとんどいなかったんですよ。現役風俗嬢に聞いてもそこは同じで、多いのは50代から60代。40代はまあ、いますね。20代、30代になってくるとほとんどいないそうなんです。

――そういった若い世代に気持ちを起こさせるのは至難の業ですよね。

Naomi:昔なら女性が横にいるだけで良かったんですよね。何らかハプニングが必ずといっていいほど起こって、女性はそれに身をゆだねるというか。

――女性からアクションを起こさなければならない時代に?

Naomi:だからこそ、女性側の「どうしたらいいかがわからない」という悩みが急増してるんだと思いますよ。付き合ってもらえない、キスすらしてもらえない、手も繋いでくれない……これをどうしたらいいですかと言われても(笑)。

――そこまでいくとお手上げですよ! でも、Naomiさんはそこに答えを出してるんですよね?

Naomi:まあ、何にしても女性が動かないと進まないんで。私はもう「自分からいきなさい」って。自分から話しかけやすい雰囲気を作って、とか。風俗嬢時代にやっていたことを、そのまま女性たちにアドバイスにして実行させてますね。

――そこまで女性主導で動くって、どうなんでしょうね。

Naomi:でも、根っこのところでいうと、若い男性は女性に拒否されるのがとにかく怖いんですよ。自分からいって、「やめて!」と言われてしまうのがイヤなんです。

――でも、それ高齢の方でもいませんか? 断られたくないから風俗に行くっていうパターンの人。

Naomi:確かに、昔よりも失敗を恐れている人が増えたような気がします。

――女性には「自分から動いて」というアドバイスとして、セックスに消極的な男性に向けてはどう伝えます?

Naomi:女性って、本当に嫌がる時もありますけど、言ってることと本心は違うことがあるって理解すべき。一回断られたからって、そこで引っ込んでしまうのはナシですよね。ダメなら次、次っていう頭の切り替えをしなきゃ無理でしょうね。あとは、色んな女性に会ってみないことには、好みすらわからないわけですから……。いけそうだな、と思う人ばかりに向かっていっては、世界は広がりませんよね。

――男性に対しても、そういう自己啓発を。

Naomi:セックスに対してもそうです。自分の知ってることだけを繰り返しては、何もわからないわけで。Sだと思ってたけどMだったなんてパターンはザラにあるじゃないですか。自分を制限しないで、それこそ自己啓発が必要だと思いますね。

――ということはNaomiさんの中で、セックスレスの改善法は精神面のパンプアップがメインなんですね。

Naomi:ですね! それが8割だと思ってます。あとは、下手でも何でも関係ないんで!

――ここまでは若い世代の改善法の話でしたが、高齢の世代のパートナーありの方に関してはどうでしょう?

Naomi:やっぱり一緒に暮らしているとトキメキって沸き立たせるのは難しいですよね。なので、敢えてラブホテルに行ってみるとか、ちょっと高めのホテルに泊まってみるとか……シチュエーションを変えるのがいいと思うんですよ。コスプレやエッチな下着も効果が高いですよね。とにかくメリハリが大事なんじゃないかと。

――夫婦だけならいいけど、お子さんありの家庭だとさらに難しくなりますよね。

Naomi:でも、とにかく男と女になれる時間が必要なんですよ! 「夫婦こそラブホに行こう」についは、私かなり推奨してるんです。友達にもめちゃくちゃ勧めてますね。子どもがいても、預けて! 割り切って!

――やっぱり夫婦だけの時間がポイントなんですね。

Naomi:デートだけでもいいんです。ホテルのディナーとか、数時間だけでも2人になれば、その後の関係性はまったく変わりますから。

次回は、夫婦円満へと導くための性欲アップ術をさらに深く掘り下げていきます。
(取材・文・写真=もちづき千代子)

Naomi
Twitter:@lovethjp

愛の性の悩みを癒すラブセラピスト。風俗で働きながら、アチーブメント株式会社で選択理論と目標達成を学び、財団法人日本プロスピーカー協会の認定ベーシックプロスピーカーになり、2013年末に現役を引退。風俗嬢のキャリア支援活動や、夫婦円満を叶える講座やレッスンを開催している。夫婦円満協会の代表理事も務めている。
著書「ラブセラピストNaomi 風俗で幸せになる愛の磨き方(グレイプス文庫)」発売中。