「国民総セックスレス」時代に突入した現代の日本。トイズマガジン編集部にも「このままではいけない……」という危機感が募っていました。そこで、「2017年は、男も女も性的な意味で潤う1年に!」この言葉をスローガンに掲げ、ついに「性欲アップ講座」を開設いたしました。

今回ご教授いただいているのは、愛の性の悩みを癒すラブセラピスト・Naomiさん。最終回である今回は、性欲をアップさせるラブマッサージを伝授していただきます。

――ぜひ、簡単にできる性欲アップに繋がるカップルでのマッサージ術を教えていただきたいのですが。

Naomiさん(以下、Naomi):それは私たちが「ラブマッサージ」と呼んでいるものですね。セックスレスカップルの大半は、日ごろから互いの体に触れてもいないことが多いんですよ。まずは、相手の体を触ることからでぜんぜん構わないと思います。

――さりげないボディタッチに近い感覚で触ればいいんでしょうか?

Naomi:最初のうちは、それくらいでじゅうぶんです。とにかく相手の体に触れることを日常化させるのが大事なので。

――なるほど。具体的なマッサージ法を教えてもらえますか?

Naomi:まずは手のマッサージですね。相手の片手を両手で軽く持って、ゆっくりとマッサージしていきます。指の一本一本まで丁寧に。軽く触れる程度の力加減がもっとも効果的ではないかと。

――なるほど……。ほかにはどの辺りをマッサージしていくといいのでしょうか。

Naomi:肩も良いポイントですね。女性が行うなら、さりげなく男性の肩に胸を押し付けたり(笑)。それこそ胸の柔らかさとか温もりって、男性にとってのリラックス効果ですよ。

――男性からしてもらう場合なら、軽く耳や首筋に吐息が当たったりすると良さそうですね。

Naomi:女性はそのあたり弱いですからね。吐息だけでなく、耳元で「気持ちイイ?」とそっと囁くだけでも効果が倍増すると思います。

――もはやモロに愛撫ですよ! でも、肩のマッサージはグングンと女性がソノ気になりそうですね。

Naomi:あと、男性をソノ気にさせるなら直接的に有効なのは足へのマッサージだと思います。血流がよくなって勃起しやすくなるんで。

――おお……それはいい話を聞きました! 教えてください!!

Naomi:まず仰向けに寝てもらって、片方の脚を横に倒して、ストレッチみたいに筋を伸ばしてあげます。その後、脚の先から太ももの内側のリンパに向けてマッサージしていきます。これは勃起力に即効性のあるマッサージなので、セックスの直前に行うと効果てきめんですよ。脚の付け根を強めに押すとさらに効果的です。

――これ、マッサージオイルがなくてもできますね。

Naomi:ポイントは、ゆっくりゆっくりやることです。強く力を入れるのではなく、撫で摩るくらいの感覚です。この動きがラブマッサージの基本なんですけど、優しく触れることでエロティックさが演出できるんです。気持ちがどんどん盛り上がっていくから……。

――おおお……マッサージからのセックスという流れ!! めちゃくちゃ効果ありそう!!

Naomi:基本的に、整体師のような本格的なマッサージの必要なんてないんで。主に性感帯を撫で摩ると思ってもらった方がいいかもしれませんね。ただ、ちょっと厄介なのは意外と自分で性感帯を知らない人が多いってことなんです。そういう人は、とりあえず性感帯があるって言われてるところを一通り触ってみるのがいいのではないかと。

――なるほど。当てずっぽう方式ですが、どこかしらには当たるはずですもんね。性感帯を見極めるのが大事、と。

Naomi:何も乳首や性器だけが性感帯なわけではないので、そこが感じないって人も全身くまなく探してみるといいですよ。意外なポイントとしては、まぶたや頭皮。二の腕の内側とか、膝の裏。そけい部もツボが集中しているので感じる人が多いです。

――あぁ~性欲が薄い男性って、そういうところ全然探らない! 探求心がない!!

Naomi:ほんとですね。不感症だと思い込んでる女性や、責められても感じないという男性って、ほんと性感帯=乳首 or 性器でしかないんですよ。あとは、まさに鍛錬。以前、風俗嬢をしていた自分に「乳首がまったく感じない」っていう悩みを打ち明けてきた男性がいたんですけど、回数を重ねるうちにちゃんと感じるようになってきてましたよ。

――そうしたラブマッサージ講習の一環として、Naomiさんもアダルトグッズ使用を推奨されてるとか?

Naomi:最近のアダルトグッズって、本当に優れものですよね! 最近はグッズによって、知らなかった性感帯を知れる場合も多いみたいですし。特に私がオススメなのが、カップル用のバイブで「We-Vibe Unite」っていうU字型のバイブ。

――具体的にオススメあるんですね! U字型かぁ。女性はナカに挿入して、男性は性器への振動で気持ち良くなるっていうやつですよね。

Naomi:グッズを使わないカップルって、男性側が「好きな女に一方的に突っ込むなんてできない」って言う人もいるようで。これなら、一方的じゃないんで使えるカップルも多いらしいんですよ。見た目も洗練されてるし、手に取りやすいんじゃないかな。

――では、最後に今後ラブセラピストとして、これから世の中に伝えていきたいことを教えていただけますか?

Naomi:夫婦なりカップルなり、お互いに性への興味関心を出し合えるような関係性を築けるように。それを楽しく明るく、たくさんの方々に伝えていけたらいいなと思っています!

――ありがとうございました!
(取材・文・写真=もちづき千代子)

Naomi
Twitter:@lovethjp

愛の性の悩みを癒すラブセラピスト。風俗で働きながら、アチーブメント株式会社で選択理論と目標達成を学び、財団法人日本プロスピーカー協会の認定ベーシックプロスピーカーになり、2013年末に現役を引退。風俗嬢のキャリア支援活動や、夫婦円満を叶える講座やレッスンを開催している。夫婦円満協会の代表理事も務めている。
著書「ラブセラピストNaomi 風俗で幸せになる愛の磨き方(グレイプス文庫)」発売中。