こんにちは、ウタマーロです。
今年の桜は満開までに時間がかかっているようですね。開花したものの気温の低い日が続いていましたが、桜の散り始めとともに急にあたたかくなり、早くも初夏の陽気です。
そろそろツバメが軒先に巣を作り始める時期です。ツバメは日本全国で観測することができ、古くから親しまれている鳥です。キレのある飛翔の姿は燕尾服や佐々木小次郎の剣法など、カッコいいものに例えられることが多いようです。
俗語としては女性が年下の愛人を囲うときに「若いツバメ」なんて言ったりしますね。

燕返し -つばめがえし-

前述した佐々木小次郎の剣の手法で、まったく同じ名称のものがありますが、こちらは男女の営みの手法です。見た目は以前ご紹介した「松葉崩し」に似ています。
男女の足が交差した状態で挿入し、女性が上半身をうつぶせにする後背位の形です。
深く挿入できるので、男女ともに快感を得やすい体位と言えます。男性が女性の片脚を支えつつ、角度を自由に変えることができるので、「気持ちいいポイント」を見つけやすいのではないでしょうか。
ただ、身体の硬い女性には少々厳しい体勢かもしれません。
※望まない妊娠や性病を予防するため、コンドームを装着しましょう。

p_utamaro
ウタマーロ

都会の片隅のOL兼サブカル系ライター。
昔の大衆文化や風俗が好き。特に昭和前半の風俗や大衆誌、エロ小説等をこよなく愛する。