性感染症(STD) (写真を見ながら学べるビジュアル版 新健康教育シリーズ)

楽しい夜遊びにはリスクがつきもの。さて今回は、風俗店で遊ぶなら知っておきたい「性病トラブル」のお話をお届けします。

接触が少ないピンサロなら安心?

キスでもうつる性病があるほどですから、どんなにライトな性的サービスでもリスクはゼロではありません。ヘルスやソープランドのみならず、体の接触が比較的少ないピンサロなどで遊ぶときにも、このリスクを頭の片隅に置いておきましょう。
なお性病というものは、男女ともに自覚症状が出ないことが多いもの。体の違和感からいち早く感染に気づけるというのは、ある意味ラッキーなことと言えるのかもしれません。では体に違和感を感じたり、性病に気づいたら、どうすれば良いのでしょうか?
体の違和感に気づいたら、まず病院へ駆け込むことをお勧めします。しかるべき検査、そして治療を受けましょう。一般的には、男性なら泌尿器科や性病科。女性なら婦人科で診てもらえます。

風俗遊びは悪くない! もっとも危険なのは「対処しないこと」

風俗店で遊ぶこと自体は、基本的には悪いことではありません。それよりも問題なのは、性病にかかったり疑わしい症状が出たときに「対処をしないこと」ではないでしょうか?
症状を放置して悪化させてしまったり、パートナーにうつしてしまうケースは、風俗遊びをするすべての人に考えられるリスクなのです。風俗遊びをするならば、楽しいこと、そして付随するリスクをともに知っておくべき。トラブルが起きたとき冷静に対処できるよう「何科に行けば良いの?」「どんな症状が出るの?」ぐらいは覚えておきたいものですね。

風俗遊びはしたいけど性病はイヤ! 自己防衛するにはどうすれば良いの?

性病は粘膜の接触により感染するもの。コンドームなしでの挿入はもちろん、キスやオーラルセックスでもうつることがあります。体の触れ合いが要となる風俗遊びとは、切っても切り離せない性病。しかし感染する確率を下げるためには、このような方法を試してはいかがでしょうか?

・不衛生な雰囲気の店を避ける
・特定の女の子だけを指名する(不特定多数との性行為を避けるため)
・疲れている時は風俗遊びを避ける(免疫力が低下している時は性病にかかりやすいため)

これでも完全に性病を防げるとは言えませんが、試してみる価値はあるかもしれません。

カサイユウ
カサイユウ

お金大好きなアラサーライター・飲み屋の姉ちゃんです。
痛みで興奮するタイプですが、変態ぶっているフシがあります。
酒の失敗は3日で忘れます。