VR元年と称された2016年が過ぎ去り、ついに2017年。アダルト分野におけるVRも着々と進化を遂げ、新たな世界を構築し始めています。そしてついに5月3日、都内某所にて新たな大規模VRイベント「AVRS~Amusement VR SHOW~」が開催! さっそく潜入し、最新のアダルトVRを体感して参りました!

かりんとVR

まずは、日本発の”本物”のVR風俗として名乗りを挙げたかりんとVRのブースへ。かりんとVRは「映像とプレイが連動する」という、まさに誰もが待ち望んでいたガチンコのVR風俗で店舗はただいまオープン準備中。そのデモンストレーションとして、空気人形を使った疑似プレイを体験させてもらいました。

コントローラーでVRキャラクター・Irisちゃんのおっぱいを触ったり全身を愛撫したり……仮想現実での濃密なプレイを堪能。もちろんお店では空気人形ではなく本物の女の子とのプレイができますよ! かりんとVRは手コキ風俗店になるので女の子へのお触りはNGですが、温もりを肌で感じられるのは嬉しいところ。開店が待ち望まれます!

なないちゃんとあそぼ!

続いては、世界初のVR専用アダルトゲームで、今やアダルトVRイベントにはなくてはならない存在となった「なないちゃんとあそぼ!」のブース。知名度は業界で知らぬ人のいないレベルにまで達していますね。そして、なないちゃんの可愛さも確実にアップしています。開発メンバーにインタビューさせてもらった去年と比較してもクオリティの向上が凄まじいです。

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着して、センサーのついた空気人形を腰を使って揺らせば……なないちゃんが動く! 喘ぐ! 感じる! 体位も増えており、正常位・後背位・騎乗位・測位とさらにバリエーションが豊かに。成長し続けるなないちゃんに、今後も期待!

カスタムメイド3D 2

こちらも以前インタビューさせていただいたメーカー。アダルトゲームソフト「カスタムメイド3D 2」のブースです。かわいいメイドのキャラを自分好みにカスタムでき、さらにそのメイドさんとVR上でエッチなプレイができちゃう! 今回は同行者の好みにより、綾波●イっぽい青髪のツンデレ系タイプにカスタムしてみました。

手元のコントローラーを使って、その乳を揺らしたり持ち上げたりツンツンしたり。インタビュー時に触らせてもらった連動の電動オナホールは今回はなかったのですが、もしこの場にあったらカスタムメイド・ワールドから帰還しないお客さん続出でしょうから……なくて正解です。

ホットパワーズ

唯一無二のアイデアと斬新な視点で大ヒット商品を生み出してきたアダルトグッズメーカー・ホットパワーズが、VR業界に参戦! 2016年のアダルトVRエキスポではアナログな仮想現実の世界を表現していたホッパですが、今回はスマホをかざすとその中に絵が浮かび上がるARを展示していました。

さらに、売り切れ御免の大人気グッズ・装着おっぱい「チチツケタ」の展示も。疑似女体化という、ある意味ガチなバーチャルリアリティを体験できました。ちなみにおっぱいの重さは2.2キロだそうです。

SSI Japan

出せば売れるヒット商品仕掛けカンパニー・SSI Japanのブースでは、最新技術でつくられた理想のボディオナホール「リアルボディ+3Dボーンシステム ちゃいドル二階堂りお」が展示されていました。内部に埋め込まれた骨格パーツによって、あらゆる体位を楽しむことができるとか。それこそ、先ほどの「なないちゃんとあそぼ!」や「カスタムメイド3D 2」で大活躍しそう。

そして「リアルボディ 極生乳」の触り心地に息を呑む。これは……本物!? 否。確かに本物っぽいけど、このクラスのおっぱいはそう出逢えることはない……ということは本物を超えたおっぱいと言えるでしょう。この感触に慣れてしまうと、普通の女性のおっぱいで満足はできなくなるのでは……ある意味、女の敵とも言えます。

もう一つあったので触り心地を比較。「リアルボディ極生乳」の方が弾力性があって生乳感があるのですが、こちらはパイズリオナニーに使うときに便利そうな変幻自在の柔らかさがありました。どちらを選ぶかは好みの問題かしら……。

TMA

こちらも以前インタビューさせていただいたAVメーカー・TMA。今やもっともクオリティが高いアダルトVR映像メーカーと言われています。コンパニオンとして登場したのは、人気セクシー女優・きみと歩実ちゃん!

ブースの目玉は、きみと歩実ちゃんとのリアルタイムVR体験会! 仕切られた隣のブースにいる本物のきみと歩実ちゃんの姿をその場で生配信。そしてHMDをつけた体験者は、そのVR映像を間近でじっくり堪能することができるという。

2人きりのヒミツの会話だってできちゃうんです! 「おっぱいとお尻どっちが好き?」という問いに答えると、お好きな方のドアップなんてお宝ショットも拝めちゃう。ふだんならナマで見ることなんてできない、VR上ならではの大胆さ……これは素晴らしい! ちなみに「お尻」と答えても胸の谷間を見せてくれちゃうサービス精神旺盛なきみと歩実ちゃんなのでした!

マンゾクVR

マンゾクVRのブースでは、風俗情報サイト・マンゾクによる最新の風俗VR動画の視聴会が行われていました。今や風俗もVR動画で女の子を選ぶ時代になったのですね。「横浜平成女学園」のルミカさん&「Sharon YOKOHAMA」のゆいさんが、コンパニオンとして参加していました。

ゆいさんのVR動画を見ている最中、なんとゆいさんが動き始めた! 電マを乳首に当ててくるというなかなかハイレベルなイタズラをしてくれました。VR上で見ていた女の子がガチで責めてくるという嬉しいサプライズ! これはイベントならではの楽しみですね。

フェ血ス

フェチをマニアックに追及してきたフェチメーカー・フェ血スのブース。フェチVR作品の販売や無料サンプル動画の視聴をしていました。売り子の肉弾アイドルの抹茶ぽよるちゃんとメルヘンアングラドルのひつじちゃんが優しくお出迎えしてくれましたよ!

SILK LABO

今回唯一といってもいい女性向けアダルトVRのSILK LABOブースにも行ってきました! 視聴させてもらった「朝からカレに求められて…」は、人気エロメンの有馬芳彦くん出演する寝起きイチャイチャ動画。女性向けアダルトVRとしては初のエッチシーンありのVRとのこと!

さすがに同行者の男性にこれを見せるわけにもいかず私が体験。ええ。「別に有馬くんとか全然好みじゃないからなぁ……」と思っていた時期が私にもありました。映像がスタートした瞬間からもう脳内エロ妄想がスパーク! 声が吐息が近すぎる! 映像だってまさにセックス最中の肩越しの視点!! これ、いいですよ。イケますよ。女性向けのアダルトVRって本当にまだ少ないですけど、けっこう相性いいと思うんですよね……。今後増えて欲しい!

Pico

PCやスマートフォンに依存しないスタンドアローン型VR・Picoのブースでは、最新VRである「Pico Neo」でアダルトVR体験ができました。これまでのスタンドアローン型VRは重い上にオーバーヒートしやすいのが難点と言われていましたが、「Pico Neo」はプロセッサやバッテリーなどの部品を独自にコントローラーに搭載したため熱くなりにくい! さらに320gの超計量! 現在流通しているHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の中でもトップクラスの画像の美しさも誇るとか。

そしてコンパニオンとして美熟女セクシー女優の北条麻妃さんが! ちなみに、ブースでは北条麻妃さん出演のVR作品を「Pico Neo」で視聴できたのですが、ご本人を目の前にしてVR動画見るってやっぱりドキドキしますね。ドエロなVR世界から戻ってきたら、さっきまで痴態を魅せてくれた女性がそこにいるわけで……。これはある種の倒錯したエロスを感じましたよ……。

女性向けアダルトVR座談会

イベントホールにて行われていたのが「女性向けアダルトVRについて語り合う座談会」。興味津々で参加したところ、登壇者が濃すぎて一般的な話がまるで出てこないという物凄い座談会でした。
「BLが好きです」
「アダルトグッズと連動したフェラチオの練習ができるVRが欲しい」
「男性を虐げるものじゃないと……」
うぅ~む、かなりのツワモノばかりだぜ。

討論の末、女性向けのアダルトVRには「セックスよりも肌のぬくもり」という結論に達しました。女性が求めているのは「心が満たされるためのアダルトVR」。ぜひ開発者の皆さんにも考えて欲しいところです。

VRイベントへの参加は、1月の「アダルトVRエキスポ in 大阪」以来でしたが、そこから考えてもアダルトVRは確実に成長していることを感じました。短いスパンで新たな世界の扉を開き続けるアダルトVR。これからもトイズマガジンは、その動向を追い続けていきたいと思います。
(取材・文・写真=もちづき千代子)