バーチャル美ボディ

アニメ体型の迫力ボディ「バーチャル美ボディ」は存在感、扱いやすさ、価格のバランスが良いトルソー型オナホ

発売直後「バーチャル美ボディ」のスペックを見た時、「存在感、価格、重さとバランスの良い製品を出してきたな」と思っていた。そして今回、実際に手にして使ってみると想像していたとおり扱いやすい製品だった。

大型トルソーオナホは存在感と扱いやすさは反比例するが、この5kg位の重量は見た目のインパクトもあるし、一方移動や洗浄でも重さやスペースで有利なサイズだと思う。特に初めて大型のオナホに挑戦してみたいという人には手頃な大きさで、扱いに慣れるには良い大きさだと思う。

オナホ本体はパッケージにも書いている通り骨格筋と呼ばれるウレタン材が仕込んであるので、抱っこした時ぐにゃりとしない。しかしここで誤解があるといけないので詳細に書いておくと、骨格筋はだいたい上半分位の位置にあり、下半分は柔らかボディだ。どちらかというと使用時に扱いやすくする為の骨格であり、ラブドールの様な自立を目的とするがっちりした物ではない。逆に下半分に骨格を仕込まなかった分、お尻回りが柔らかく突いている時の弾力感が良い。また揉んでみても柔らかさが気持ちよく、おっぱいだけで無く是非お尻もモミモミしてみて欲しい仕上がりになっている。

それでは本来の用途ということで早速挿入してみよう。前穴はコブの様な突起が気持ちよく高刺激系、後ろ穴は柔らかい刺激が続く低刺激な穴だ。2穴が楽しめるのはこのサイズならではだが、「バーチャル美ボディ」も例外なく異なる二つの刺激を楽しませてくれる。5kgの塊が作る肉厚感、締め付け感も十分で大型オナホの気持ちよさを十分に体感出来る。

そして楽しんだ後の洗浄だが、約5kgの大きさやホール周辺部の柔らかさなどにより大型ホールとしては洗いやすい部類だと思う。大きさ、迫力を考えると良心的な価格設定だと思うが、やはり高い買い物には変わりない。そこで丁寧にメンテして長く使って欲しいと考えるので、メンテのし易さも重要なスペックだと思うのだ。

バーチャル美ボディ
メーカー:タマトイズ
参考価格:19,440円
パッケージ 中身 コスパ 素材 総合
5 5 5 4 5
平野敏明
平野敏明
Twitter:@jokegoods

買う物が無くても時間があればアダルトグッズショップに足を運ぶグッズファン。エアピロー系、ランジェリー、コス、二次元系パッケージが特に好き。PNはこの業界で初めてカメラマンの仕事を始めたとき編集長から頂いた名前。