こんにちは、ウタマーロです。
私個人の勝手なイメージですが、農家よりも漁師の男性のほうが絶倫な気がします(農家の皆さん、ご無礼をお赦しください)。
なんでしょうかね、荒々しい波にもまれ、たくましい腕で網を引き、何日かぶりに陸に上がって女房を抱く。という感じでしょうか。酒にも強いイメージがあります。
昔「ベーリング海の一攫千金」というTV番組を見たからかもしれません。
そんなわけで、私の中では海=荒々しい波→荒々しいセックス(!?)という勝手な妄想ができあがっているのです。

鳴門 -なると-

以前このコラムでも紹介した「乱れ牡丹」によく似ています。
女性が座った状態の男性に背を向ける形で、大きく股を開いて挿入する体位です。「乱れ牡丹」が女性の羞恥心を刺激することで快楽を得る体位なら、こちらの「鳴門」はとことん肉体に正直に快楽を追求する体位といえます。
挿入した状態で女性が腰をぐるぐると回転させます。この回転の動きが、鳴門海峡の渦潮をイメージしているのですね。ピストンの動きよりも生殖器どうしがこすれる感覚を楽しみましょう。
男性は両手がフリーになりますので、背後から女性の身体を愛撫してあげるとよりいっそう興奮が高まります。
※望まない妊娠や性病を予防するため、コンドームを装着しましょう。

p_utamaro
ウタマーロ

都会の片隅のOL兼サブカル系ライター。
昔の大衆文化や風俗が好き。特に昭和前半の風俗や大衆誌、エロ小説等をこよなく愛する。