低容量ピルは、女性の体に様々なメリットをもたらす優れモノ。しかし服用する機会がない男性にとっては、やはり縁遠い存在なのかもしれませんね。そのためか「ピルを飲んでいる」という女性を見かけると、情報の乏しさからあられもない勘違いをしてしまう男性は少なくないのだとか。中には「ピルを飲んでいる=妊娠しない=生(コンドームなし)でOK!」というトンデモ理論を展開してしまう人まで存在するそう……。
「ピルを飲んでるから生OK」……本当に、そこにリスクはないのでしょうか? 今回は縁遠い存在だからこそ男性に知ってほしい、ピルの豆知識を紹介します。

病はピルでは防げない!

まず前提として知っておいてほしいのは「ピルに性病予防効果はない」という事実。ピル服用中は避妊ができる(妊娠を防げる)という部分から、こんな勘違いが生まれたのかもしれません。
もし女の子から「ピル飲んでるから生OKだよ☆」なんて誘惑されたら、男性としては心がぐらついてしまうものなのでしょうか? しかし性病予防をしておきたいなら、迷わずにコンドームを使うべきなのです。それが一夜限りの火遊びなら、なおのこと。

ピルは何のために飲むの?

経口避妊薬として知られるピル。私自身、風俗嬢として働いていたころトラブル防止のためにと服用していましたが、体感できたメリットは避妊効果のみではありません。
生理周期が把握できることは、ピルがもたらす大きなメリットのひとつ。それまで寝起きの経血漏れに悩まされることが多かったのですが、生理がやってくるタイミングがあらかじめ分かるようになったことで、残念な朝を迎えることが減りました。
多くの女性にとって心強いメリットは、生理中のマイナートラブル(PMS=月経前症候群)の緩和。主なPMS症状としては、吐き気や頭痛、集中力の低下、眠気や気分の起伏……などがあげられます。症状の重さは個人差によりますが、「朝の症状がツラすぎて、ベッドから起き上がれない」なんていう話も珍しくはありません。

「ピル飲んでるから生でOK」は早計

女性がピルを服用するのは、体の状態をコントロールするため、また体調管理のためであることがほとんど。コンドームなしでセックスするために飲むという女性は、かなりの少数派ではないでしょうか。
コンドームをつけないセックスは、もちろん男性側にもリスクがあること。「彼女がピルを飲んでいるから生でOKでしょ?」と解釈するのは、実は早計極まりないことなのです。

カサイユウ
カサイユウ

お金大好きなアラサーライター・飲み屋の姉ちゃんです。
痛みで興奮するタイプですが、変態ぶっているフシがあります。
酒の失敗は3日で忘れます。