前回は、VR専門の風俗情報サイト「マンゾクVR」の動画のクオリティの高さを体感。そして今回は、販売目的のAVとはスタンスが違う「マンゾクVR」におけるVR動画の本質に迫ります!

――実際に目にしてみると、「マンゾクVR」の動画はとても無料とは思えませんね! ちなみに、こういうイメージものだけでなく、がっつりプレイしてる動画も無料なんですか?

マンゾクVR 制作局長:内容に関係なく、すべて無料で公開しています。動画を作るにあたって、「マンゾクVR」は販売目的ではないのが一番の強みなんですよ。自由度がすごく高いんです。

――なるほど。ユーザーとの間にお金が発生しない分、どんなVR動画を作ってもいいわけですもんね。

マンゾクVR 制作局長:最初に撮るのは、だいたい先ほどのようなイメージ動画だったりプレイ動画だったりがメインなんですけど、女の子によっては2回目、3回目の撮影も有り得るので、次は何を撮ったらいいか悩むこともあるんです。そういう時は、もう風俗嬢の素を出していってもいいかなと思って、インタビューのみで構成した動画を撮ったこともありますよ。お店さえOKしてくれればクリアなので、本当に自由。

――確かに、販売目的のアダルト動画でインタビューのみはちょっと厳しいですけど、女の子の宣伝として有効ならばインタビューVRって全然アリですよね。

マンゾクVR 制作局長:グラビアだとお高く留まって見えるような子が、すごくフランクだったりして、それが良い方向に進んだりするので侮れませんね。前に撮ったVR動画との合わせ技で相乗効果になることもありますし。

――「マンゾクVR」に対してのお店からの反応っていかがですか?

マンゾクVR 制作局長:ちゃんとVR動画を見ていただけているお店に関しては概ね好評ですね。ただ、VRへの理解が100%なわけではないので、全てのお店から受け入れられているわけではありませんけど……。それでも導入したお店からは「やって良かった!」と言う声が多数上がってきています。

――具体的に、どういった点を評価されているのでしょうか。

マンゾクVR 制作局長:店頭の写真がめちゃくちゃ可愛い女の子がいて、本人もそれと遜色ないくらいのレベルなのに、なかなかそれをお客さんには信じてもらえないことってあるじゃないですか。そういう時って、本人を連れてきて見せるわけにもいかなくて、お店としては凄くもどかしいわけですよ。でもVR動画を見れば、本当だって分かってもらえる。そこが一番大きな利点ではないかと。

――けれど、それって風俗店によくある”パネマジ”……いわゆるパネルマジックの風俗嬢には不利な話ですよね。VRを避けるお店も少なくないのでは?

マンゾクVR 制作局長:そういうまとめられ方をしがちなんですが、業界全体でパネマジを辞めたいという空気はあるんですよ。最近だと、写メ日記やツイッターなどで女の子本人が、お店が出す写真よりも3割増しくらいの加工をしてアップして、お客さんが離れてしまったという話もありますしね……。新たなツールとしてVRに期待を寄せている店もあります。

――なるほど! ありのままを映すからこそ、VRはお客さんからの信用を得られるツールということに。

マンゾクVR 制作局長:何より、女の子のルックスレベル自体が上がってきているので、VRが上手く機能する土台が出来始めたんですよ。

――それは喜ばしい風潮ですね。となると、「マンゾクVR」はどこよりも信頼性の高い風俗情報サイトに成り得るのでは……。

マンゾクVR 制作局長:はい! どこよりも信頼性の高い! すいませんもう一回言ってもらってもいいですか?(笑)
でも実際10年くらい前までは「動画で見て美人なら間違いない」と思われてたんですよね。これも技術が上がることで、いくらでもごまかしがきく時代になってしまいましたから……。そのうちVRもそうなる可能性はあると踏んでます。自分でVRを自撮りしてアップできるくらい技術が進歩すれば、それはそれで面白いような気もしますけど。

――ここまでお話を聞いて、改めて「マンゾクVR」におけるVRは、やっぱりユーザーと店を繋ぐツールのひとつなんだと実感しました。販売目的の動画とはまったく質の異なるアダルトVRですね。

マンゾクVR 制作局長:そうですね。あと、AVとの一番の違いは「いつまでも買える・いつまでも見れる」ではないことかなとも思っています。

――それは、いったいどういう意味なんでしょう?

マンゾクVR 制作局長:風俗情報サイトに載る情報というのは、女の子がお店に在籍している時にのみ有効なものなんです。辞めてしまえば消えてしまうんですよ。つまり、「マンゾクVR」のVR動画も、女の子がお店に在籍しているその瞬間しか見ることができない。今、会える状態だからサイト上に出せるだけなんです。どんなに手をかけたどんな傑作でも、お蔵入りになることが普通にあるんですよ。ここが、販売されているものとの大きな違いだと思います。

――「こんなに凄い動画が無料なんて!」と純粋に驚いてましたけど、なるほど……「マンゾクVR」が情報サイトであるからこその側面ですね。

マンゾクVR 制作局長:「マンゾクVR」の動画も一期一会であると思って見に来て欲しいですね。

――次回は、最終回。お遊び情報センター「クラブマンゾク」にお邪魔します!
(取材協力:カフェレストラン摩美依)

マンゾクVR

風俗体験動画をより楽しむための最新映像技術が楽しめる「マンゾクVR」。スマホと専用ゴーグルを用意するだけで、目の前に女の子がいるような気分で見ることができます。動画を見て気に入ったら実際に女の子に会いに行って下さいね!