こんにちは、ウタマーロです。
年齢がバレそうですが、昔ランバダというダンスが流行ったことがありました。音楽に合わせて男女が身体を密着させ、女性が脚を上げて男性の脚に絡めたり、お互いの局部を擦り合わせるようにクネクネと動かしたりして踊ります。南米発祥というだけあって、なんともエロチックで情熱的なダンスです。
あまりのエロチックさに、日本の一部のディスコ(!)では、ランバダを踊ることを禁止されていたそうです。

立ち鼎 -たちかなえ-

【SKT(性交体位)48】立ち鼎 -たちかなえ-

まさにランバダを彷彿とさせる体位です。
江戸時代からこんな体位があったなんて、日本人の潜在的エロスを感じずにはいられません。
男女が向き合い、立ったまま挿入します。
女性が片脚を上げた状態での挿入なので、バランスが難しいです。また、身長差が大きいカップルには不向きです。
壁際などで行うと安定しますので、壁ドンからの流れで試してみてはいかがでしょうか。
挿入は浅く、男性は思うように動けないため、この体位で達することは難しいかもしれませんが、もういてもたってもいられず貪りあう感じが大変興奮を覚えることと思います。
※望まない妊娠や性病を予防するため、コンドームを装着しましょう。

p_utamaro
ウタマーロ

都会の片隅のOL兼サブカル系ライター。
昔の大衆文化や風俗が好き。特に昭和前半の風俗や大衆誌、エロ小説等をこよなく愛する。