ふぇありーどーる えむ

「ふぇありーどーるシリーズ」最新作は「もも」サイズで人気のM字開脚ポーズ、手足が邪魔にならず扱いやすい

ふぇありーどーるシリーズに新作「えむ」が登場した。「えむ」はその名の通り、M字開脚ポーズのぬいぐるみドールで大きさは「もも」とほぼ同じ大きさだ。
今回「えむ」をレビューするにあたり、「もも」をお迎えした時の気持ちを書いておく方が、このシリーズの良さが伝わると思うので少し書いてみたい。現在でこそ「ふぇありーどーる」シリーズを全部お迎えしている私だが、私が初めて「もも」を見た時の感想は「小さいし、腕や脚も細いし……」とあまり良い印象ではなかったのだ。

しかし実際お迎えしてみるとこの大きさが扱いやすく、可愛らしさを兼ね備えていて大変気に入った。またぬいぐるみの柔らかい肌触り、適度に軽い重さなどぬいぐるみラブドールの良さを知ったモデルでもあり、その後シリーズ発売ごとに全てをお迎えしている。
今回はそんな「もも」の改良版ということで期待大だったのだが、期待を裏切らない仕上がりだった。今回の一番のポイントであるM字開脚ポーズは「ラブボディ ヒナ」などで大人気だったので人気も出そうだ。

身長110cm位のボディというと子供体型? と想像されるかもしれないが、出る所は出る、クビレもばっちりのボディラインだ。成人女性の80%スケールと考えて貰えれば分かりやすいだろう。ちなみに「もも」はウェストが実測45cm位あるが、「えむ」「ボディスーツ」は実測約38cmと引き締まったボディに改良されている。
また実際腰にあてがってみると「もも」と比べ脚が邪魔にならないので視覚的以上に実用性も十分なポーズといえる。

そして気になるホールポケットだが、小さめなのであまり大きなホールは入らない。今回はエアダッチ用の「はめドル!! オナホ ファンサービス」を使用してみたが、これでギリギリという感じなので小型限定と割り切った方がよいだろう。また「はめドル!! オナホ ファンサービス」は口回りが大きく作られているのでローションが多少漏れても本体を汚さないのでおすすめだ。使い心地は最新モデルだけに組んだ手、M字の脚が合体の邪魔をしないのでシリーズで一番扱いやすい。

「ふぇありーどーる」はラブドールでオナホを装着して合体するためのドールだが、私的にはぬいぐるみドールはそれ以上の癒され効果もあると思っている。ちなみに「もも」「ボディスーツ」「えむ」は100cmサイズ位の服が丁度よい。今回もこのコラムを書き上げたら可愛い服を買いに行き、可愛がってあげたいと思っている。

ふぇありーどーる えむ
メーカー:A-ONE(エーワン)
参考価格:54,000円
パッケージ 中身 コスパ 素材 総合
3 5 5 5 5
平野敏明
平野敏明
Twitter:@jokegoods

買う物が無くても時間があればアダルトグッズショップに足を運ぶグッズファン。エアピロー系、ランジェリー、コス、二次元系パッケージが特に好き。PNはこの業界で初めてカメラマンの仕事を始めたとき編集長から頂いた名前。