突然だが、春頃に発売された「ぶるあな」はローターを仕込んで振動も楽しめる面白いオナホだ。しかし付属のローターはオンオフしかできないので、単体のローターを購入し振動パターンや強弱を楽しんでいた。オナホにローターを仕込むという発想が新しく印象に残ったオナホだ。

一方トイズマガジンでは4月に「エクストリームグランスTRIPLEシェイカー」、7月に「姉妹発育チュ~!」のレビューを担当させて頂いたのだが、「姉妹発育チュ~!」は二穴なので片一方に「エクストリームグランスTRIPLEシェイカー」のローターを仕込んだら「ブルブル来るんじゃない?」と思いつき試してみたところ見事に失敗した。冷静になって断面図を見ると二穴間の厚さが厚すぎる。オナホの感触は肉厚で良かったが、これでは振動の伝導は無理だ。

しかし同時期に発売された「快感スプラッシュ娘。」がブルブルに使えるとワンフェスでタマトイズの人から聞いたので早速購入してきた。写真の様にパッケージにはブルブルにも使える旨が記されているのだが、潮吹きの方がインパクトが大きくあまり知られてないのではないだろうか。しかし乗りかかった船でもあるので早速試してみたい。

まずは尿道側にローターを入れてみる。最初は多い方が刺激が強くなるのではないかと欲張って3個入れてみたが、ローター同士が当たるとカエルの鳴き声の様な音を発するので萎える。ここは欲張らずロータは1個だけにした方がよい。

実際入れてみると赤矢印部分の一番薄いところでブルブルを感じることが出来た。出力をマックスにするとそれなりに振動が来る。ちゃんとブルブルも出来る様に設計されているのだから当たり前だが、無事振動を楽しむことが出来た。

毎月多くのグッズが登場し色々試していると、つい新しい物ものばかりに飛びついてしまいがちだが、立ち止まって異なる2つの製品を組み合わせて使ってみるのも新たな発見や楽しみ方があり楽しい。折角買ったグッズたち、色々試して思いっきり楽しもう!

平野敏明
平野敏明
Twitter:@jokegoods

買う物が無くても時間があればアダルトグッズショップに足を運ぶグッズファン。エアピロー系、ランジェリー、コス、二次元系パッケージが特に好き。PNはこの業界で初めてカメラマンの仕事を始めたとき編集長から頂いた名前。