性欲を失いつつある現代の日本人。「国民総セックスレス時代」が叫ばれる今、トイズマガジン編集部が開設した「性欲アップ講座」。毎回、性のプロフェッショナルをお迎えし、性に関する悩みや不安の解消を提案しています。今回、ご教授いただくのは、現役風俗嬢&AV嬢で手コキ研究会の主催でもある今賀はるさん。第1回では、今賀はるさんが風俗の仕事に就くに至った歴史を語っていただきました。

――今賀はるさんは、風俗の仕事を始めてどれくらいになるのですか?

今賀はるさん(以下、今賀):23歳から始めたので、ただいま5年半ですね。

――あれ? 意外と短いんですね。

今賀:よく言われるんですよね(笑)。大学院を卒業して、この世界に入ったので。

――ええ〜、実は才女だったんですね! いったいどうして風俗業界に足を踏み入れる流れに!?

今賀:名古屋の大学を卒業した後、静岡の大学院に進みまして。大学院1年生の冬に就職活動を始めて、東京に来る機会が増えたんです。

――なるほど、就職活動がきっかけ。

今賀:でも、その時はお金がなくて。なのに移動には新幹線を使いたいし、普通のビジネスホテルにも泊まりたい……かと言って、研究室が忙しいから飲食店でアルバイトするにも時間もなかったんです。

――確かにそうですよね。昼夜、勉学に励む大学院生にバイトする暇があるわけがない。

今賀:キャバクラも考えたんですけど、そこまで稼げそうにもないし……。だったら、東京の風俗で働いてしまおうと。東京と静岡の距離なら、知り合いにたぶんバレないんじゃないかと思って(笑)。

――大胆! 東京には、就職活動と2足わらじで風俗のバイト!(笑)

今賀:親のすねをかじるっていう選択肢もあったんですが、無理言って大学院まで出してもらったのにって気持ちもあって。まあ、自分で稼いだ方が早いかな、と。

――ちなみに、就職活動の結果は?

今賀:9月には無事に食品系の東京の会社に内定が決まったので、一応成功したんですよ。

――おお! そこで一回、風俗からは足を洗った感じですか?

今賀:いえ(笑)。出勤日数は減らしましたが、籍は置いたままでしたね。なんか、楽しかったんですよね。お店の人と仲も良かったんで……。あ、ちなみに初めての風俗店は鶯谷のSM店でした(笑)。

――えーーーーーー! スタートはSM店だったんですか!?

今賀:そうなんです。高収入サイトでSMのジャンルを見て、興味が沸いたんですよ。面白そうだし、一般的な知識として「SM」という言葉は知っていたので……ほかの風俗ジャンルとか全然わかんなかったんで。

――またお店も鶯谷って(笑)。

今賀:怖そうなHPが多い中、たまたまそんなに強そうじゃないところを選んだって感じですね。なんか、もう就職する頃には東京のホームみたいな、落ち着く場所になってしまって。

――では、新入社員として働き始めた頃も兼業はしてたんですね?

今賀:だいたい週1くらいのペースで出勤してましたよ。でも、その年の秋くらいに、とあるスカウトマンと知り合って「もっと風俗のことをいろいろ知りたい」って話をしたら、ソープを勧められたんです。

――おお! 今賀はる、ソープデビュー!

今賀:「風俗は王道だからやっておいた方がいい」みたいな感じで(笑)。その頃にはハプニングバーで遊んだりもしてたんで「じゃあAVも楽しいんじゃない」って言われて、AVデビューも果たしました。

――いきなりの急展開じゃないですか!

今賀:平日は会社員、土日は風俗かAVかみたいな生活でしたね。その頃にはSMクラブにはほとんど行けなくなってましたけど、今でも在籍だけはしています(笑)。店長とはたまにフェイスブックでやりとりしてますよ。

――ゆるい(笑)。ちなみに、会社員を辞められたのはどんなタイミングだったんですか?

今賀:結局、1年目の1月に退職しましたね。実は就職活動中にも色んな人と会っていたせいか、起業願望が芽生えてしまって。ただ、会社員は辞めても風俗を辞める気は一切なかった!

――で、ここから今賀はるさんの怒涛の風俗人生がスタートするわけですね。

今賀:はい。ソープとAVにプラスしてホテヘルも始めました。ただ、それから1年後くらいに性病になってしまい、3ヵ月の休業を余儀なくされました……。

――うわぁ……それは厳しい! 収入が絶たれちゃうじゃないですか。

今賀:でも、性器の接触がない風俗ならできるじゃないですか。なので、おっぱいパブと性感マッサージのお店で働き始めたんですよ。あと、AVの事務所の社長に紹介してもらってメンズエステのお店にも行ってましたね。

――転んでもタダでは起きないタイプですね(笑)。なんというか、働く風俗ジャンルの幅をこの機会に増やしているというか。

今賀:受け身系の風俗はだいぶ網羅してると思いますよ。でも、どうしてもS系の……M性感とかはまだ経験なくて。そのうちやってみたいなとは思ってるんですけどね。

――なるほど、基本的にはMキャラなんですね。

今賀:M男さんの悶えてる姿とか見てると、責める方もいいなぁとは思うんですよ。なので最近は、痴女ものAV見ながら勉強に励んでいます。いつか極めたいですね。

――さらにレベルアップをしようとしてますね(笑)。

今賀:でも正直、子どもの頃から「集中力がない」「注意力散漫」って言われ続けてたくらいなんで、何かを超極めるのには向いていないと思ってます。できれば、広く浅く風俗を知りたいっていうのが本音ですね。

次回は、今賀はるさんから初対面の相手とのセックスにおける作法を伝授してもらいます!

今賀はる
Twitter:@ho1no1ka

現役風俗嬢でありAV嬢。風俗嬢がもっと働きやすい、安心安全に働ける環境づくりを目指して活動を行っている。性に対して伸び伸びと語ることができる手コキ研究会の主催や、風俗嬢向けのお茶会などを実施中。

※撮影協力:SARA錦糸町(Twitter:@vanilla_resort
全43室すべてがコンセプトルームとなっているデザイナーズホテル。今回の撮影で使用した部屋は505号室の「3年B組」。ベッドルームのほかに実物を忠実に再現した教室が使用できる。