「国民総セックスレス時代」が叫ばれる日本において、性欲の低下は深い社会問題とも言われています。そこでトイズマガジン編集部は「性欲アップ講座」を開設。毎回、性のプロフェッショナルをお迎えし、性に関する悩みや不安の解消を提案しています。今回、ご教授いただくのは、現役風俗嬢&AV嬢で手コキ研究会の主催でもある今賀はるさん。最終回は今賀はるさんの今後の展望についてお話していただきました。

――今賀はるさんにとってライフワークとなっている「手コキ研究会」ですが、今後どのような活動を考えていますか?

今賀はるさん(以下、今賀):参加者の中から「女の子だけで語り合いたい」って声が増えてきまして、「手コキ研究会」の女子部ような感じで、女性だけの活動もしていこうかと考えてます。

――おお! でも、確かにそういう声が挙がるのは頷けますね。

今賀:異性がいると語れないことが気になって発言しにくい女性って、やっぱり多いんですよね。すでにLINEグループを作っていて、メンバーと少しずつ交流を深めています。

――手コキ研究会女子部、すでに発足してるんですね。

今賀:ただ、ちょっと名称が問題というか。やっぱり口に出しづらいって意見もあって、現在は「はれまんLabo」になってます。

――はれまん……。

今賀:なんか、腫れたマ●コみたいですよね?(笑) ネーミングがなかなか難しいです。

――すでに活動はスタートしてるんですか?

今賀:はい。こちらについては、会費をいただいて開催しています。先日、初めて会合を開いたんですが、思った以上にプロな方ばかり参加してくれてビックリでした。

――それは凄いですね! どんな方がいらしてたんですか?

今賀:現役の風俗嬢の方や、昔SMバーで働いてたという方も。もともと性に関してかなり詳しい人たちが、非常にためになる話を聞かせてくださって……会費いただいちゃってすいませんって感じです(笑)。

――初心者向けのコースが必要かもしれませんね……。

今賀:そうですね。入門編みたいな感じで。性に対して興味がある方に来てもらいたいのはもちろんなんですが、どちらかというと性に積極的になれてない方にも参加してもらえればと思ってます。悩みを抱えてる方に打ち明けてもらえるような、そういう場所にしたいですね。

――「オナニーしたことない」とか「手コキしたことない」くらいの?

今賀:もう、それくらい知識がない方も大感激です! 相談に乗れると思うので、ぜひとも。私みたいに風俗選びに最初にSMクラブを選んだりしないようなコツとか(笑)。

――ちなみに、女性オンリーということですが、これは性自認が女性であればいいんでしょうか?

今賀:そうですね。マ●コの話になった時に「自分はないけど……」ってくらいの感覚で話に混ざれるなら。中には性自認を偽って潜り込む男性や、レズビアンの女性からのナンパとか、ちょっといろいろ問題は出てくるかもしれません。でも、根本的には「会の雰囲気を壊さない女性」であれば大丈夫です。

――その他に、個人的に目指していることは?

今賀:今チャレンジしてることとしては「47都道府県の風俗店巡り」ですね。

――(笑)。それって、つまり47都道府県の風俗店に出稼ぎに行くってことですか?

今賀:そうです。もともとは鹿児島でエイズ学会が開かれた時に、同じように参加していた子がついでに出稼ぎしてるのを見て「やってみたい!」って。ほんと、思いつきです(笑)。

――今、どのくらい周れてるんですか?

今賀:2017年1月からスタートして、今は17県ですね。2018年12月に終了する達成する予定です。その時、ちょうど30歳になるんですけど、そこで電マをそっと置いて去っていこうかと。

――ええ〜! 山口百恵バリの引退セレモニー!(爆笑)

今賀:「ただのクソビッチに戻ります!」(笑)。いや、風俗辞めるっぽい言い方になりましたけど、たぶん辞めないです。そういうつもりは今のところないです。

――今のところ印象に残った県ってどのあたりですか?

今賀:う〜ん……ダントツで暇だった沖縄かな。ちょうどオフシーズンに行ったんですが、あそこはお客さんも旅行者がメインなんですね。3日間いて、来てくれたのは4人。でも、店員さんがいい人だし、ステーキ屋がいっぱいあってお肉美味しかったからいいかなって(笑)。

――完全に沖縄旅行満喫してるじゃないですか!(笑)

今賀:九州は全県コンプリートしました。どこも楽しかったけど、福岡での飲食が最高だったな〜。

――食べてる話ばっかりだ!(笑)

今賀:でも、風俗街としては、山形県の米沢がすごく面白かった。だって、ホテルが平屋だったんですよ!(笑) もう米沢駅降りた途端、高い建物というかホテルがある空気が一切なくて。

――うわぁ、それちょっと面白いですね。米沢、すごいな(笑)。

今賀:お店の人が車で迎えに来てくれたんですけど、もう本当に田んぼ以外に何もない! このまま売られていくのかと不安になりましたが、田んぼの中にある民家が事務所で(笑)。しかもけっこう忙しかったんですよ。

――意外にも!

今賀:お客さんが新人に食いつくんですよね。ほら、滅多に入ってこないから。毎日12時〜24時までびっしり埋まってましたよ。ホテルによっては携帯の電波が入らなかったのが困ったかな。

――これ、本を出すべきだと思います(笑)。「手コキ研究会」と「47都道府県の風俗店巡り」をライフワークに活躍の場を広げる今賀はるさん。最後にひと言メッセージをどうぞ!

今賀:有難いことに、最近では真面目なサミットや会合に呼んでもらうことも増えてきました。これからも風俗を知らない人たちとセックスワーカーたちを繋げられるよう、活動していきたいと思います!

――ありがとうございました!

今賀はる
Twitter:@ho1no1ka

現役風俗嬢でありAV嬢。風俗嬢がもっと働きやすい、安心安全に働ける環境づくりを目指して活動を行っている。性に対して伸び伸びと語ることができる手コキ研究会の主催や、風俗嬢向けのお茶会などを実施中。

※撮影協力:SARA錦糸町(Twitter:@vanilla_resort
全43室すべてがコンセプトルームとなっているデザイナーズホテル。今回の撮影で使用した部屋は505号室の「3年B組」。ベッドルームのほかに実物を忠実に再現した教室が使用できる。