タグアーカイブ: 四十八手

コラム

【SKT(性交体位)48】茶臼のばし-ちゃうすのばし-

こんにちは、ウタマーロです。 歌舞伎や相撲などは、長時間の観劇・観戦の間に、インターバルが入ります。 歌舞伎なら幕間、相撲なら中入りと呼ばれています。 ぶっ通しで見ていると疲れてしまうので、もちろん休…
続きを読む
コラム

【SKT(性交体位)48】菊一文字-きくいちもんじ-

こんにちは、ウタマーロです。 身体の柔軟性はとても大事です。 力士は怪我をしないように、念入りに股割りをします。身体の硬い新弟子にはもっともつらい稽古のひとつです。 ただ、これによって勝負の際の不意の…
続きを読む
コラム

【SKT(性交体位)48】つぶし駒掛け-つぶしこまがけ-

こんにちは、ウタマーロです。 女性のみなさんは背中のお手入れはしていますか? メイクやヘアスタイル、ネイルはキメキメなのに、脱がせてみたら背中がボツボツだった、とか、ムダ毛がすごかった、なんてことにな…
続きを読む
コラム

【SKT(性交体位)48】こぼれ松葉 -こぼれまつば-

こんにちは、ウタマーロです。 恋愛が盛り上がってしょうがないときや、相性のよい相手との気持ちのよいセックスの最中には、このまま溶けて相手と同化してしまいたいと思ったりするものです。 手を恋人つなぎにし…
続きを読む
コラム

【SKT(性交体位)48】出船後ろ取り -でふねうしろどり-

こんにちは、ウタマーロです。 江戸時代のセックスまわりの隠語には、「船」というワードがしばしば登場します。よくよく調べると女陰(女性器)を船に例えているようですね。 それにしても女陰は「貝」やら「あわ…
続きを読む
コラム

【SKT(性交体位)48】首引き恋慕 -くびひきれんぼ-

こんにちは、ウタマーロです。 「恋」という言葉は、なんとも甘酸っぱくて切ないものです。 ときめいて、焦がれて、盲目になるのが恋。 しかし楽しく高揚するその感情には、ときに狂気が見え隠れします。 「恋慕…
続きを読む