タグアーカイブ: アダルトグッズヒストリー - ページ 2

コネタ

【アダルトグッズヒストリー】世界の寝取られヒストリー

貸し出し妻、満里奈の”ネトラセ”報告敏感妻と絶倫大学生 貸し出し妻、満里奈の“ネトラセ”報告敏感妻と絶倫大学生 (オトナ文庫) 現代になって認知された性癖のジャンルであるNTR。好きな異性が自分以外の…
続きを読む
コネタ

【アダルトグッズヒストリー】アナルヒストリー 日本史編

ひとりでできるもん -オトコのコのためのアナニー入門- 日本におけるアナルセックスは同性愛の文化と密接な関わりがある。ちなみに、男色についての日本最古の記述は『日本書紀』の「阿豆那比之罪(あずなひの罪…
続きを読む
大人のニュース

【アダルトグッズヒストリー】アナルヒストリー 世界史編

ソドムの百二十冊 -エロティシズムの図書館- 最近、アナル系のアダルトグッズがたくさん売られるようになっている。アナルでオナニーをする“アナニー”を愛好する人たちが増えていて、ゲイではないノーマルな男…
続きを読む
コラム

【アダルトグッズヒストリー】好色一代男と女護が島伝説

好色一代男 (岩波文庫 黄 204-1) 我が国の古典文学史上ダントツのスケベ主人公と言えば、西鶴の『好色一代男』に登場する世之介だろう。彼の戦歴から見れば、平安時代のナンパ師、光源氏も真っ青になるこ…
続きを読む
コネタ

【アダルトグッズヒストリー】エロ本の歴史~日本史編~

秘画絵巻 小柴垣草子 (定本・浮世絵春画名品集成) 日本でもはるか昔から「エロ本」は存在していた。 まず、『カーマスートラ』や『トリノ・パピルス』のようなセックス・マニュアルとして有名なのは、戦国時代…
続きを読む
コネタ

【アダルトグッズヒストリー】エロ本の歴史~世界史編~

カーマスートラに学ぶ愛とセックス48 PART1 30代後半以降の男性たちにとって、エロ本は「性」の教科書だった。少年のたぎる欲望を肉体的に満足させるだけではなく、女性を落とす方法やセックスのテクニッ…
続きを読む
コネタ

【アダルトグッズヒストリー】女装子の歴史~日本史編~

海月姫 1(Kissコミックス) 世界史編に続き、日本史における女装子の歴史についても紹介する。 日本における女装は古来からローマ皇帝・ヘリオガバルスのような性的倒錯とは少し趣が異なり、神聖なものとし…
続きを読む
コネタ

【アダルトグッズヒストリー】女装子の歴史~世界史編~

ここまで可愛くなれる! 男の娘メイクBOOK(SANWA MOOK) ここ最近、アダルト用語で見かけるようになったのが「女装子」。 最初に目にしたときは「?」が頭に浮かんだが、いまでは一般的なジャンル…
続きを読む
コラム

【アダルトグッズヒストリー】ディルドを最初に使い始めたのは誰?

名垂自筆の『阿奈遠佳志』は戊辰戦争の際に消失。写真はその写本である。 現代女性の必需品でティルド(男根形)。 わが国では、いったい、いつの頃から、そして最初に使い始めたのは誰か? 今回は、そ…
続きを読む