安全で使いやすい潤滑油を追い求め続けるトップ企業、エンパワードプロダクツ社副社長マーク・オルソン「GUN OIL」シリーズ

シリコンベースの「GUN OIL」はウルトラ級の濃縮と防水性で乾燥を防ぎ、持続力も優秀。ウォーターベースの「GUN OIL H2O」はスーパースムースでシリコンよりも軽い使い心地が特徴。「GUN OIL GEL」はジェル状で垂れにくく、水で簡単に洗い流せる。「GUN OIL Force Recon」はシリコンの素晴らしい持続性とウォータベースの使用後の扱いやすさを兼ね備えている。

安全と信頼性に加えてユーザーの要望も大切

同氏の所属するEmpowered Products(エンパワードプロダクツ)社の主力商品である潤滑剤については、「人間の健康と安全面に対するフォーカスが重要」という視点をコンセプトに生み出されている。

マーク:弊社の製品はグリセリン、パラベン、染料、香料などの成分は使用せず、ジンセンやアロエのような健康効果を証明した成分を選ぶときでも細心の注意を払っています。潤滑剤の最大のテーマはパートナーとのセックスの喜びを高めるということ。そのためにメーカーとして大事なことは、安全でユーザーが信頼できる商品を提供していくことに尽きると思います。

安全性はもちろん、ユーザーが使用したときの利便性に対する配慮も忘れてはいない。

マーク:安全性に加えて、私たちが大切にしているのはユーザーの声。例えば、弊社の「Pink Frolic」や「GUN OILジェル」を開発中、『潤滑剤をセックス・トイに使うと垂れてきて取っ手まで汚れてしまい、使いにくくなる』というユーザーの悩みを知りました。そこで開発陣は液体ではなくジェルタイプという選択をして、使い心地のよさを試行錯誤しながら追求するということができました。ほかに、「Hot Pink」はお客様から要望に応える形で生まれた製品です。あるとき、他社の温感タイプの潤滑剤を使用しているお客様から『熱すぎて刺激が強い』というお話があり、さまざまな成分を組み合わせて試行錯誤を重ねました。そして、人の体熱の利用と摩擦によって温かさを持続させるというシステムを生み出し、安全性も兼ね備えた同製品を登場させています。

そんな製品に対する安全性や利便性への深いこだわりからは、リーディングカンパニーとしての高いプライドが見える。

マーク:アダルトグッズ業界の潤滑油というジャンルにおいてリーダーであるという意識は常に持ち続けています。それに伴い、男性、女性のお客様たちが安心して商品を購入できるマーケットを、いま以上に広げていくということも率先して挑戦していきたいと考えています。


世界的な市場の動向と今後の展開